*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたし。




麻友を一時復帰中。
という感じでやっているのですが、
今のところ、そんなに麻友を休止しておく理由も、部屋を閉じておく理由も
なーんにもないんですよね。

ある意味、
休止を経て、「ブログが全て」じゃなくなったんです。
リアルの世界をきちんと見れるようになったし、
その境目もきちんと計れるようになりました。

ありふれた日常の中にある
ありふれた奇跡をちゃんと愛せるようになったと思うし、

「麻友」と、「ほんとの自分」、っていうのを
うまく調和して、これからブログをやっていける気がしています。


といっても、ほんとは、やめる気でいました。
部屋を閉じておく理由、麻友を休止する理由もなかったけれど、
部屋を続ける理由、麻友を続ける理由さえも、なかったんです。

そんな心に理由をくれたのが、
みさきママさんのコメントでした。

<言葉を書くことが夢ならば、
書き続けてほしい。>


真っ直ぐ心に突き刺さりました。
言葉はたくさん書けば書くほど、
伝えれば伝えるほど、
どんどんどんどん、よくなるもの。

それを許してもらえる場所が、こんなに身近にあったのだと。
これからいい意味で無責任に、
思ったこと、考えていること、感じていること、書いていいんじゃないか?

あたしの文を好きだ、って言ってくれる人がいるじゃないか。


自分の都合のいいように考えてしまいましたが、
ゆっくり、ゆるゆると、
前とはちょっと違う、すっごく「あたし」な記事が並ぶと思います。

それでもいいのなら、見ていただけると嬉しいです。


不定期だと思います。
変な文章になるときがあると思います。


でも、「あたし」を貫いたブログにしていこうと思ってます。


今まで、これは書くべきなのか?書いていいのか?
そういうことを考えて考えて考え抜いてました。
だから、時々綺麗な言葉ばかりで
これあたしやないなぁ…って思ったりする時もありました。


そういうのがどんどん重なって、
「麻友」という人物があたしから遠ざかってしまい、
休止という形になったけれど。


もう大丈夫。
あたし成長しました!
そしてこれからも成長し続けます!


ここはあたしの場所。
みなさん在りきでもあるのと同時に、
あたしが居なくちゃなりたちません。

あたしらしく書かせてもらいます(∵)☆



同年代の人には、たくさん共感してもらったり、意見を聴いてほしいし、聴きたい。
先輩世代のみなさんには、ぜひ15歳を思い出してほしいし(笑)、沢山お話を聞きたいです。






さてはて…
18日に中学を卒業したあたし。(あっという間です)

東京に来て、3年過ごせたことに
友情を築き、自分なりに学業に勤しみ、先生や両親と深く交流できたことに
少しだけ、誇りを持てています。



今日、29日は部活の送別会でした。
久しぶりにみんなに会えて、とっても楽しかった。

Percはやっぱり、最高です。
ほんとに仲良し。
ほんとに楽しい。

部活のいい雰囲気を作る手助けになれたことがほんとに嬉しい。


みんな真面目に先輩への感謝の言葉を言ってるのに
Percだけあいうえお作文(笑)
超面白かった!
大好きな後輩たち。ほんとにありがとう。






そしてまた話は飛びますが…
ちょうど1年前くらいに、あたしNにメールで告白されました。
(覚えていますかね…?)


まるっきり似てることが昨日かな、一昨日かな。起きました。



もう書くと書ききれないのですが
冬治と色々ありまして…(笑)
あたしなりに頑張ったけれど、もうあたしが冬治に対して「駄目」って思ってしまいました。
あたしはこの人とは一緒にいれない。
すごく楽しかったし助けられたし
彼にとってあたしが必要な人になってることも分かる。
でも、あたし、駄目だ…。

そういうどうしようもない感情になってしまい、
もうほんとにどうしようもなくなって、そうメールしたんです。

そしたらその返信で
好きって言われるとは…
ずるいよー。


自分がひどいって分かっていても。
今までは何だったの?って言われるとしても。
彼を傷つけるとしても。


もうあたしには
彼の想いに応える力はありませんでした。

ほんとに好きだった。
大好きだったけれど…。


恋愛ってうまくいきませんね。




でも…間違ったことはしていないと思う。


彼が何度も言うんです。
<麻友しかいない>
<麻友がいないとだめだ>って

それは違うんです。
今まで生きてきたんでしょ?って思うし
あたしは…冷たいかもしれないけど
冬治しかいないとか思わないし
冬治がいないとだめだと思いこんだりしていない。

これだと
このまま彼の気持ちを受け取ると
関係は一方通行です。

誰かがいないとだめな人が
どうして誰かを助けられるの?と思ってしまいました。

あたしを助けたいとか支えたいとか
もうできるわけないよ、って思いました。


あたしが冷たいかもしれない。
ひどいかもしれないけれど…
彼の考えは危険な方向に行ってると思った。

だって、
結局人間はひとりなのに。
ひとりでも生きれないと。

基本は人はひとりでも大丈夫。
それでも、誰かを助けたいから、誰かを支えたいから、
誰かに守ってほしいし、誰かと一緒に居たい。
笑いあったり、悲しんだり、気持ちを共有したい。
だからひとりじゃない。
ひとりでいる必要はない。
でも大前提として、「ひとり」という気持ちは持っているべきだし、
あたしは持っています。




多分今…
彼は視野が狭くなってる。

極端にあたしだけ見てる。
それじゃ駄目です。
ってあたしは思う…。



彼の真っ直ぐな気持ち
ほんとに、子どもみたいな(子どもなんですけど、)
あたしのことが好きで
あたしと一緒にいたくて
あたしの力になりたい
あたしがいないとだめなんだ
…そういう気持ちが痛いほど伝わったから

<一緒にいよう>
<あたしも好きだよ>

って言えたら、
どんなにお互い楽だろう。


でも
絶対いつかすれ違う。
絶対いつか傷つけあう。
それが分かるから。





前の記事とは
全く変わってきたあたしと冬治の関係。


なんか目まぐるしくてごめんなさい…


でもこれが、今です。
前の記事読んで、今は違うということここに記しておきたかったんです。





春休みもあと少し。
高校生活がもうすぐそこにやってきています。
うーん、緊張。
その前に、その前に、課題やらないと…(∵)




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
プロフィール

麻友(20)

Author:麻友(20)
大学も丸2年過ぎて、
あっという間の時間を感じています。

あたしはとても恵まれていて、
本当に恵まれていて、
大事な人が増えていくばかりです。


大事にしたい人が増えるから、
やっぱり社会もよくしたくって、
前に前に進もうと思えています。

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言
積み重なる足跡。
なう。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
*プロ野球順位表*
My Favorite Team is Hawks!!
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。