*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い。


あいつと電話した。
一回目は、言いたいこと何も言えなかった。
本当は、別れたいって言おうと思ってたのに
全然言えなかった。


どうしてもう、「別れたい」なのか――

だってね、付き合ってからいいことがなくて
辛いだけだった
悲しいだけだった
悩んでばっかで
嬉しいことが一つもなかった

周りの目も嫌だったし
本当に苦しくて
友達に、「付き合う前の方がよかったって思うなら、やめな」って言ってもらえて



でも、電話では言えなかった
でも、自分が抱えてる悩みを言った
言わないと納得してもらえないと思ったから

話しながらだんだん涙が出てきて
しゃべれなくなった



そして一回目の電話は終わって



最低だとわかっていながら
メールで別れようと思っていた、と伝えた

そしたら、すぐにもう一回電話したいって返信が来て


もう一回電話した。



納得できない


それだけ言われた


そして、俺の存在が麻友にとって重荷になっているんだったら、別れるって言ってくれた
でも、その時気付いたの

Nの存在だけが重荷になっているんじゃないことを。


Nと一緒にいると
昔の辛いことを思い出して嫌だったってことがわかった


でも、それでも私は
「一緒にいたい。」というNの言葉に同意できなかった
いいよ、って
一緒にいよう、って言えなかった


あいつは、
私のことを思ってくれてるのがわかった
好きでいてくれてるのが伝わった
あいつも泣いてた

でも私も泣いてた



信じられない
昔のことを引きずっている

いろんなことが回りまわって涙となってあふれ出た




でも、やっぱり
あいつが私を想ってくれている分、
私があいつのことを好きな気がしない。


あいつばっかり、な気がする
思えば、あいつの力になればいいなと思って告白を受け止めたけど

好きだったからなのかは、分からない



やっぱり別れるしかないかな
辛いし
やっぱり何か…ジャンルっていうか、世界が違う気もするし



あいつの思いが大きければ大きいほど
返せない自分が悔しいし、
それでも好きになれないのが辛い



電話で言ってくれたことと
あいつのブログに書いてあることが
違っていて、分からない





気持ちが伝わってるのかも分かんない



何を信じればいいのかも分かんない




ごめんなさい








やっぱり、田舎は気持ちいいな
帰りたくない
ずっと、ずっとここにいたい




スポンサーサイト

逢わないから 逢えないから



わからない。
ほんとうにみなさんコメありがとう
救われるってこのことだと想う
返さなくてごめんなさい
今の自分は、適当なことしか返事できないの…
ちょっと心が、疲れてる


私とN続くかわからない、
すでになんか…

好きなのか分かんないの
ほんとうに
好きになろうとしてるけれど

おーちゃんと電話で話した
心突かれた、
「麻友は、自分傷つけてまであいつをかばおうとしてる。
 麻友は、自分だけを責めてる。あいつにだって非はあるのに。
 麻友は、自分に嘘をついてる。そんなに人のことばっか考えなくていい。
 最終的に大切なのは麻友の心。
 何が起きても、麻友は麻友だから麻友のこと、私はずっと好き。
 だからこそ、後悔しないでほしい。
 嫌だと思ったら言いな。エスカレートするだけだよ。
 麻友だけ悩むなんておかしい。麻友だけため込むのもおかしい。
 だから、今ならまだ大丈夫だから、ちゃんと話しな。」

ありがとう、
ほんとうにありがとう、
友達に恵まれたよ自分
大好きだよ、おーちゃん

ほんとうありがとう
ありがとね?

昨日、おーちゃんの言葉に押されて
Nに対して思ってること、全部全部メールした。
長くなったけど、送信した。

今、自分がNのことを好きか分からないこと
昔、つらいことがあったこと
Nが言ってくれたりしてくれること全部が嬉しいわけじゃないこと
支えになりたいと想っていること
でも、今はNのことを考えると辛いこと

当分、逢わないことになりました
密度の濃い数日だったから

新学期まで逢いません
Nも、そうだな、と言ってくれました

そして、
NもNなりに自分の想いを言ってくれたけど
うまく繋がれてる気がしません

どうしたらいいか分からないけど

私には
おーちゃん
くめちゃん

はな
そして2-1のみんなっていう

大切な
信頼できる
友達がいる


友達がいるから、頑張れる
恋愛って友達がいなくちゃ成り立たない


今、
胸張って好きとは言えないのは
私のせい?
Nのせい?


きっと、誰のせいでもないんだ



タイトルは、曲の一節。
Nの気持ちって言われた。
今は逢わない、それだけです。


明日から福岡行ってきます(^^*)
楽しむぞ(^^*)



前へ。



めっちゃ考えた。
一体何だろう?って想った。
そして憶測した。


Nは今、クラスに受け入れられてない
まぁ、平たく言えば、嫌われてしまってる

あいつが悪い面もある
個性強いし
うるさいし
協調性がない時がある


でも
なんだろう

性格的に、自分は
周りが嫌いだから自分も嫌いに、とかはなれないし

反対にそういう人を見ると
支えてあげたくなる
自分ぐらいはその人の心許せる人になりたいと想う

おーちゃんに言われた
あいつがどんなに嫌われても、麻友は見方でいてあげて、と。


私とNのことがどこまで広まるかわからない
覚えないこと言われるかもしれない


でも
前へ
前を見なくちゃと思った


いつでも
笑顔で
私らしく


そうすれば、きっと大丈夫な気する
どんなに嫌なこと言われても

私は私だもの

変わらない
変わりたくない

あいつのせいで、
変わりたくない

いいように変わるならいいけど
悪いように変わりたくはない
変わる気はないし


もう、
いいやってなりそうだったけど


自分は一人じゃないってこと
忘れてた



ばかみたい。
自分で選んだ道なのに



ありがとう
みなさん

みなさんがいるから
がんばれる気がします

何がが起きても揺るぎません
でも、どうしても無理だと思ったら
ちゃんと、
気持ちに区切りをつけるつもりです


めっちゃ辛いけど
どうしても辛いけど

そんなものなのかもしれない




でも

とりあえず
私は私らしく

嫌われる日がきても
あいつがみんなに嫌われても

私は私らしく

ただ、それだけです




どうしよ?



恋愛

恋愛


恋愛って、なに?
なんなの?
何が答えなの?

ないんだろなあ、そんなの。


報告…、の記事へ来たコメを読んで
色んなことをまた、感じた

悠の言葉の真実味を感じた
「恋愛って、一人じゃできないから。」

それは、私は
「わたしとN」ってゆう二人だと想っていた

でも、違うんだと想う
恋愛ほど、色んな形があるものはないから
人の話を聞くのが大切だと想った
色んな恋愛観に触れるのが大切だと想った
友達に話を聞いてもらって
友達に話をいっぱいして…

それが大切かな、って
そう想う…


理解しなくちゃ
自分の気持ち伝えなくちゃ



そんなの

できない

違う人なんだもん
彼氏とか言っても他人だもん


言えてないことがいっぱいある



あしかちゃん
どりりんさん
基地で声かけてくださった皆さん


ありがとう、
ありがとう…


どこから話せばいいか分かんないんです
なんか、
普通何ヶ月かでやることを
数日でやってしまってる感じ


普通だったら嬉しいのかもしれないけど
私は、
昔のことがあるから

びくびくしちゃう

でもそれを
わからないようにしている自分が嫌
そしてその嘘が通ることも嫌



昨日、二人じゃなかったんですけど、逢ったのは
私がチャリ使えなかったので
ずっと二人こぎしてて
正直腰が痛かった(爆)



すんごーい人に逢ったんですよね
10人ぐらい?笑

もう、
学年に広まるのは時間の問題
終りましたねー…


でも、そんなのいいの
今となっては
悠もくめちゃんもいるし



でも、
辛いのは


…続くのかなって不安なの



友達の恋愛話聴いてると
みんな、初めての彼氏彼女とは、すぐに別れちゃうの

慣れてないからもあるだろうし

でも、私の場合
差が激しいと想うんです

あいつはもう4人目で慣れてるだろうけど
私は初めてだもん

わかってんのかなあいつ






ため息ばっかり



分かんないよ…




嫌だよ
もう、苦しいよ
まだ3日なのに


嫌だ
嫌だ
嫌だ


好きだったはずなのに



恋愛観が違うのかな、
何かが異なっているのかな、
どうすればいいのかな、
私が我慢すべきなのかな、
でもそしたら嫌われないかな、
もう少し長い目で見るべきなんだろうな、
でもやっぱり
苦しいしきついときがある、



友達に逢いたい
全部話したい

でも
逢えないって断られた


…嫌ー



好きなんだよね、私Nのこと


分かんなくなってきた



好きだったら
許せること?








やっぱり
世界が違うのかな

太陽と月なのかな





疲れた




終ったこと。始まったこと。



2-1が終わったんだ。昨日で。
始まりの日には、担任の先生がいたのに
終わりの日には、担任の先生はいない。

詳しくは言えないけれど、
もうきっと、担任の先生には会えない

みんな、我慢していたように
ぽつりぽつりと、先生への想いを口にしました。
Nも、帰り道話してくれた。

先生たちは、
「大人に対応している」とか
「我慢している」とか、言ってくれるけど

まだうちらは子供なの、
まだ、心の中はもやもやしてるんだよ


手紙、書いた先生に。
届くといいな。

先生が前に進まないと、
私たちは前に進めません。

そう、綴った。


2-1は、沢山の出逢いがあった
悠のいい面ももっと知ったし
くめちゃんっていう、何でも言える相手も増えたし、
おーちゃんっていう、語り合える相手もいる。

昨日一緒に遊んだ他の女子たちも大好き。

そして、
2-1になったからこそ、Nと出会った。


いいことも、悪いことも
全部、ちゃんと受け止めて、


最上級生、受験生として
がんばっていきたい。

沢山色々あるだろうけど。



きっと乗り越える。
誰だってそうしてきたんだ。




そして、始まったことは、Nとのこと。
まだ始まったばかりなのに
そうとは思えないくらい、一緒にいる気がする。

悠にいわれた、
「私と○○に比べると、何十倍ものスピードで進んでる気がする」


だよね?
まだ、3日目だもんね?
おかしいよね?ちょっとね?


まず、メールする回数が超増えた。

てか、毎日。


はは(笑)


で、昨日あいつからメール来てたんだけど
くめちゃんと長電話してて、返さなかった。
で、一時間長電話しちゃったから、もういっかと思ってメールしなかったら
「寝たのかな?おやすみ」ってメールきて、
急いで、「長電話してたーごめんね、おやすみ」って返したら
まだ起きてる!って想ったらしく
「電話できる?」とのこと、

断る理由もないので、電話で昨日は話しました。
どーでもいいことなんだけどね。
すんごい緊張した。
どーせ、あいつはしてないんだろうけど。

福岡に29日から行くんですけど、
「行く前に逢いたいな」って言われて…



うちらさ、まだ3日だよ~?って言いたくなった(爆)


スピードが早いんだよ、まじで。
あれだよ、「Poco a tempo」だよほんとうに

時には早くってもんじゃない
いつも早い…



ああ゛
どうしたらいいんだろ?

今日も二人で逢うらしい。
緊張する…




はぁ。

心臓持ちません。

いいことなのか、悪いことなのか。





simpleに、行くこと



ずっと、
告白されたら
付き合えたら
一緒にいれたら

ゴールだと想ってた

…違うんだ
むしろ、スタートなんだ

あぁ…きついな。


ただ片思いしてるときは
自分の気持ちだけがはっきりしてれば満足だった
頑張れた、生きることができた

でも、
両想いで、付き合うようになって、二人でいるようになると

自分の気持ちだけじゃなくて
相手の気持ち
周りの気持ち

色んなものが巡り巡ってくる

あいつは、普通のヤツじゃないもん
モテるもん
告白されたの、今までで2ケタいるんですよ?

それに、新学期が始まったら
絶対モテるもんアイツ

話したことなくて
初めて同クラで
話しかけられたら
絶対好きになられるよアイツ

私がそうだったように(笑)


女子が怖いんだって
本当に
そう言ったら、もう堂々としようって言われたけど
きついのは私なんだよ?って想う

ていうか、もう絶対
広まると想う
もうしょうがないかもしんない

部活の帰り一緒に帰った時、後輩に目撃されて
その後輩がNに直接「付き合ってるんですか?」って聞いたみたい


Nいわく、言わされたそうですが、
「あぁ、多分想ってることはほんとうだよ」って答えたみたいです。

まだ報告してくれたから許しますが
その後輩は、昔Nとめちゃくちゃつるんでた女子と繋がってるし
噂とか好きだし
すぐに広めるし
もう絶望です

怒りましたよ大分
何やってんのお前!!って



今日も一緒に帰ったけど
悪かったなぁ
あいついっぱい荷物持ってるのに

多分、次からは
あいつの家まで二人で行って、帰りあいつがチャリに乗せてくると想う


…正直
ぶっちゃけますけど


『めんどい』です(笑)


私がオクテだってわかってるから
どんどん、こうしよ、ああしよ、って提案してくれてるとは想うんだけど…

いいじゃんよーってなったりもする

ていうか、
なんで初カレが、こんなに…
経験豊富なヤツなんだろ

元カノと比べられてるだろうな
もしかしたらまだ好きなんじゃないかな

色んな事想ってる



でも、
多分、答えはシンプルなところにあると想う
これから嫌なこといっぱいあると想うけど


Nを信じること


それだけだと想う
そうしないと、あいつも信じてくれないし


今、すごく無理してる部分もあるけれど
昨日の昼からほとんど何も食べれてないし…


でも、

前の自分が見て、頑張ってるな、って想ってもらえるように
がんばりたい


もっといっぱい話して
もっと心許せるようになりたい


無理なんかじゃない。

片思いの時は、
私の役目じゃない、
私がすることじゃない、って

色んな事を取っ払ってきた

でも、今は
それがきっと、私がすることなんだと想う


まだ全然Nのことは分からないけど

告白してくれて
沢山のわからない部分がある中で
一緒にいてくれるんだから

信じて
信じて

頑張ろう


たくさん色んなこと知って
嫌なことは言って

それでもっと好きになるか
無理だなって想うかは

時間が決めてくれる



私には、悠もくめちゃんもおーちゃんもいる


一人じゃない

何があっても
誰に嫌われることになっても
恨まれるようになっても
どんなこと言われても






まだ憶測だけど
たぶん現実にはなると想う


だからこそ、
今心を固めておきたい





好きだから


あいつのこと


あなたも、そうでいてください




…報告。



前の記事に、少し書いたけれど。
てゆかいまだにちょっと頭が混乱してて、うまく書けないかもだけど…

報告、します。


昨日の夜、Nにメールで告白されました。
もう今日だったかな、0時回っていたので。

おーちゃんに「来るかもしれないよ」ということを言ってもらえてなかったら
たぶん、大分心が動転してしまっていたと想います。

落ち着いて、落ち着いて
本気なのか、冗談なのか聞きました。
本気だ、と。
前の彼女でいっぱいいっぱいになっていたのに、今麻友のことが好きで、
そんな自分が嫌だけど、麻友が好きだから、
俺でよかったら付き合ってくれませんか、と。

心が震えました。
ありえない、と今まで取り去っていた言葉達が目の前に綴られていて。

断る理由なんてありませんでした。
サヨナラしたけど、
最近、心が戻ってしまっているのも感じていた。

だから、
まず、自分が昔好きだったことを伝えて、
そして、一度好きじゃなくなったけど、
やっぱり今、好きなのかもしれない、私でいいなら、と返信しました。


本当に?ダメもとだったのに、と言ってくれるNがいて
こちらこそ、いいの?っていうメールのやり取り。

夢の中みたいだった。


メールが終わって、自分の部屋に入って
一息ついたとき
いつの間にか泣いていました。

今まで、本当に好きだった、
誰よりも、誰よりも好きだった。。。
そんな日々は無意味じゃなかったんだって。
Nはこういいました、「実は彼女と付き合ってる時、麻友のこと良いなって想ってた」。
私が、ドキドキしていたNの言葉や行動は
嘘じゃなかった。
そう想って、嬉しくて。


今日どんな顔して会えばいいのかわからずに、
お互い会話できず…

でも、手紙をもらって。
返事をして。
それから一気にしゃべれました。


一応、悠とくめちゃんとはなには報告。
すると、くめちゃんは「私も明日告白する」と急な決意。
悠は…なんと!

「実は、私この前○○に告ってさ。で、今日OKもらった♪」

…あはは。
一人で決断して一人で告白してる(笑)
私と悠、お互い記念日が一緒っていうことで、なんかすごいなぁって思いました

○○は、Nとは正反対のようなヤツで、
まぁめっちゃいいやつで、私も好きで(いや、キャラとして)、ちゃんと祝福しました。


それにしても。
悠にNのことを告白してから、数日で本当に激動、というか
急展開、というか…

心がおっつけてない感じです。


初カレ、なんですけども
あんまり変わらない^^;笑

別に話すこと変わんないし…
でも、確かに目が合う(笑)


Nが私のことすきなんて信じられない。
今まで、そんなこと考えたことなかったし
ちょっと優しくされたり、それくらいで充分だったのに…



今日、部活に寄ってくれて、「頑張って」と言われて、家に帰ったんです、アイツ。
悠は、彼女を送らないなんて、とか怒ってたけど
いいっていいって、って言って。

そしたら、
部活終って玄関で、私服姿のNがいて。
家からわざわざ来てくれた。
塾に行くとこでもあるらしく。

なので二人で帰りました。
雨の中。
全く道違うのに。
嬉しかったなぁ。



でも、Nはやっぱり怒りだすとダメで。
周りに迷惑をかけちゃう。
良いやつなのに。

そしたら、おーちゃんに
「麻友が止めなくちゃ。」って。
…私の役目、なの?


…そう考えるとどうしたらいいか迷うけど
私の想うまま、
Nのことを一番に思って、
がんばって行けたらないいなと思ってます



虫がよすぎる、って自分でも想う

でも、少しでもNに心がもどっているときでよかった。
全然好きじゃない時だったら、たぶん、断ってしまってただろうから…




私は、信じたいし
Nと一緒にいたいし
でも、自分の路は信じたい

だから、
うまく、やっていけたらなぁと想ってます




明日で2年終り。


…あっという間。
てゆか、本当に今、夢の中じゃないんだよね?
変な気分。
…どうしよ。





本当なのかな?



あー、わかんない。


でも、ただ、信じてみよう





わからない。



少し久しぶり。
最近はお祝いが多いですね(^^)
昨日、ヤマダ電機にヘッドフォンを買いにいって、
□の形のものを見つけて、そういえば何かのテレビで、小渕さんこーいうの好きだったなって想って
耳にかけた瞬間!!

『なーもなーいはなーにはー』

…桜でした。
焦った。
コブクロのこと想い出しながらかけたとたんの声。
うおって声に出たと想う。笑


まぁそれはいいとして。



恋なんですよ。
もうどうしようと想って。

話は土曜日に遡ります。
私が口を滑らせ、昔Nが好きだったことを悠に話してしまいました。

案の定…
叱られました。
どうして相談してくれなかったのか、
そんな恋してたならもっと話ししたかったぁ~と。

謝って、許してもらい。


そして、今日。
おーちゃんに「話がある」って言われました。

以下、おーちゃんの話です。


昨日、Nとメールをしてたの。
で、Nに彼女とはどうなの?って聞いたの。
そしたらもう、全然未練なくて、女嫌になった、って来たの。
だから、強がってんじゃねーよ、彼女ほしいっしょ?って送ったの。
そしたら、まぁなってきて。
そのとたん、なぜか私の頭に麻友が浮かんでね?
聞いたの、Nに。
麻友はどうなの?って。
そしたら、麻友はめっちゃいい子だと想うけど、俺のことなんて好きじゃないと想うし、
彼氏とか作りたくないんじゃね?って来たの。
だから、作りたくないわけじゃないと想うよ、って返しといたの。
で、一回、Nが変になっちゃったときあったじゃん、変わった時。
そんとき、私がNに対して怒ってたら、麻友は、「Nは本当はいいやつなんだよ」って言ったじゃん。
だから、それそんまま伝えたの。
そしたら、Nめちゃくちゃ感動してて、かわいいって言いまくってたの。
で、今日も色々話したんだけど、本気で麻友のこと好きになるかもって言ってたから、
もし来るかもしれないけど、その時は頑張って。
私は、麻友とNのコンビ好きなの。いいと想う。
そうNにも言っといたから。





改行なしですいません。
こんなことを言われました。

…ショックだったこと。
ひとつ、私が好きだっていう気持ちが伝わってなかったってこと。
好きだったのに、全然伝わってなかったんだなぁっていう悲しみ。



でも、なんか少しやっぱり嬉しいです
でも、…

今、心から好きか?って言われたら分かんない。


…だから、今すごく揺れてます



さっき、Nからメール来たし…

どうしよ

ジョン・ガブリエルと呼ばれた男



昨日は、『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』という舞台を見てきた
つい何週間か前、私の家の新聞に大きく特集されていた
それほどなる舞台だった、確かに


よかった、とか
感動した、とか

そんな言葉で終わらせられない
最高の舞台だった


出演は
仲代達矢、大空真弓、米倉斉加年、十失幸代。

私は仲代さんしか知らなかったのだが
両親は全員知っていて、
「この4人がそろうなんて」と言っていた

全員、最高の演技役者だと聞かせられた。
そして、米倉さんは、「大人になれなかった弟たちへ…」を書いた人だと教えてもらった
それなら知っていた、なぜなら教科書にも載っているからだ
福岡大空襲の話
文・絵・演技、とマルチに才能を発揮している人だと教えてもらった


今回は、もうネタばれとかわからない
どこまでがネタばれなのかもよくわからないから
ただただ、感じたことを書く
だから、いつの間にかネタばれしているかもしれない
お気をつけくださることを願う。



現在の日本演劇界の最高峰の舞台だったそうだ
終ったあとにそう言われて、
確かにそうかもしれないと想った

息をのむ。
圧倒される。

こういう時に使う言葉なのだと想った。


初めは、姉と妹の会話から始まった
そこから、もう空気が違った
今まで見てきたものとは違う、張りつめた空気だった

冷やかでも
感情的になっても

小さな声も
大きな声も


全てがはっきりと言葉になって伝わってくる

姉は怖かった
憎しみに駆られている女性だった
夫であるジョン・ガブリエルと呼ばれた男への憎しみだった

妹は愛を求めていた
愛を求めすがっている女性だった
そして姉を嫌っていた

姉はとにかく意地の悪い言い方をした
そして確信に満ちた自信を持っていた

二人の会話で
ゆっくりと状況が飲み込めてきた
置かれている状況、
二人の関係、
二人の間にいる男…それがジョン・ガブリエルと呼ばれた男。


ガブリエルは、
姉の夫だが
昔妹とも関係があった

ガブリエルは
世界が想っているように動かせる力をすぐそこまで手に入れていた
しかし
友人にかすみとられ
奈落の底へ落ちた

妻は憎しみに駆られ
妹はガブリエルの子を引き取り


何十年もの間
家族という名のただの繋がりは
確かにあったのだが、ないも同前だった


ガブリエルは夢を求めていた
ガブリエルは夢しか見なかった
数々の人を不幸にし
絶望的な不幸の中にいた


ガブリエルにはたった一人の友人がいた
それがフォルダル

いい人だったフォルダルは
しかし
誰にも求めはられなかった

ガブリエルにも良いように言いくるめられた




こんな四人の話だった
最高の四人の演技だった
これは演技だろうかと思うほどだった

大空さんの毒のある声と冷ややかな笑い声
「もうあなたは死んでるじゃない。」というセリフはぞくっとした

十失さんは優しくかわいい声なのに
怒り激しくなると、女性の悲しみを強く感じさせた

米倉さんは本当にあの年齢なのかと思うほど若々しく
細くなった背中を優しく演じていた

そして
主演のガブリエル=仲代さんは
すごかった、格別だった

独特の節回し、どんなにわめいても伝わる言葉
ガブリエルという、
頂点を目指したが地獄に落ち込み、
誰にも忘れられ、見捨てられた男の人生を
たった2-3時間の間に力強く表現してくれた


すごかった
本当にすごかった


演技ってすごいんだなと今更想う


仲代さんは、この作品をグランドフィナーレにするつもりだと
語っていた

仲代さんの決意というか
作品に向ける情熱は
舞台の上からひしひしと伝わった

仲代さんは文もうまかった

『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』


もし話ができるのなら
聞きたいことがたくさんある

私なんかが話せる人じゃないが
本当に素晴らしい役者さんで
日本を代表する方で
本当にかっこよかった




舞台の感想はと言われると
ただ圧倒されましたとしか答えられない

あんなにすごいものは見たことがなかった
息をのまれ
空気に吸い込まれ
…こんなにも伝わる舞台は


最後のシーン

ガブリエルの人生の終わりを告げるシーン
死ぬのかと驚いた

鉄の手が心臓をつかみ
ガブリエルは動かなくなった

ぼうしがぽとりと落ちた
とすん、と音がした
それが思えば命の終わる音だった


そして
見送った姉妹は
そっと手を繋いだ

影になり
やっと仲直りをした
軽い仲直りではなく
深く暗いものも立ちこめている気がした




仲代さんを二回、(昔福岡で一度見た。しかも前から5番目という幸運な席で)
加藤剛さんを一回、舞台で見た

どちらも本当に名誉あることだと想う

名俳優と呼ばれているだけのことはある
本当にお二人の演技を見れたことを、心から誇りに想っている


一生の糧になるだろう舞台に
ここ数年、出会い続けている


見るたびに
役者への憧れを抱く
そしてすぐに諦める


自分のすることはそこではないと
心のどこかでわかっているからである

でも舞台をみるということは
一つの人生を知ることで

確実に引き出しは増えていく、
だから、私は舞台が好きだ

名俳優さんの演技を見れたこと
心から嬉しく想っている。



ジョン・ガブリエルと呼ばれた男




憎しみ


昨日の夜はずっと考えてしまった
離れていかなくなった



たぶん
それは舞台のせいでもあるが
人生を今自分が生きているからなのだろうとも想う


そう、
今私は人生の途中
始まったばかり


愛も
夢も
憎しみも



これからどんどん知っていくんだろう





一年後は…



今日は卒業式。
色んな意味で心が熱くなった。

お世話になった先輩たちとのサヨナラが切なくて、さみしくて。
そして、3年の先生がみんな、本当に素敵な表情で。
達成感のような。
安心感のような。

教師という職業は、
こうやって卒業式で名前を呼ぶことが、ある意味のゴールなのかもしれないと想いました

うちの兄ちゃんもいつかするのかなぁとか。
トトさんもいつかするのかなぁとか。

色んな事想ったな。


先輩たちの歌がきれいだった。
ハーモニーってこういうことなんだと想う
感動した

「旅立ちの日に」なんていい曲なんだろう
本当に、上手だった
毎年、女子の方が泣いちゃって男子の方が声が大きい
男子って頼れるなぁって思った
かっこよかったな


吹奏楽、
今回は私は指揮もやらせていただいて
色んな意味で、本当に楽しく、つらく、いい分岐点でした


一年後は私が
進路を決めて、吹奏楽の音楽に見守られながら
旅立つんだなと思うと

不安で
不安で

でも
想えば一年前、先輩もそう言っていた
それが、今
あんなにかっこよく旅立っていった

私にだって、できるはず




先輩、大好きでした
今も大好きで

ずっと大好きで
本当に大好きで

言葉にならないけれど


ただ、ありがとう
ただ、ありがとう


それだけです。




Love…かな



あーぁ。

Nへの思いにサヨナラした
理由は、
Nが変わったから
人を傷つけていくのが嫌だった
クラスの和を乱していくのが嫌だった

…たまらなく。
大好きだったからこそ…、


でも
今のNはね
めっちゃ、あの頃に近いの
「一緒」ではなくって。

一度聴かれたの、
『あの頃の俺、ひどかったでしょ?どう想ってた?』って。

私は正直に
「嫌だったよ…Nじゃなかったから。壁にぶつかって戦ってるのかなとは想ったけど」って答えた。

そしたら
『うん、俺壁にぶつかってたぽい。…抜けました無事。』

「そっか、よかった!」

『ごめんな』

っていう会話をして。
かなりうろ覚えでもあるんだけど。



もう一度、好きになってもいいかな?
やっぱり、目が追ってるよ
ばかみたい…
長いんだよなぁ片思い(笑)

友達と話すたびに
Nと麻友は合うと想うって言ってもらえる
告ればいいじゃんって言われる
そういう問題じゃないんだよ。笑



やっぱり好きかも
ばかみたいだけど
また一人で想ってみようかな?



悠とか友達に
「今まで好きな人教えてくれなかったよね?」って怒られて。
(実はこの前、中学時代で好きな人がいたってことを告白したんですよ。)

「次好きな人ができたら、報告します。」っていうことを誓わされて。



新しい人じゃないもん。
もう一度好きになったんだもん。
だから言わなくてもいいよね?





言えないよー


それに好きかどうかも分かんないし。


とりあえず、今は
少ない2-1の時間を
Nと一緒にいっぱい楽しく過ごしたい*



相変わらず
ノリがいい
元気なヤツだけど
前ほどはじけてはいないかな


投げやりになってないかな?
でもやっぱり
話すと楽しいし、なんか恋してた頃想い出す



Nはいいやつだよ
胸張って言えるよ、今なら


よかった

Nの戻ってくる姿を見れて
ほっとしてるよ

話したいよ、今のNと
本当、感謝してる




っていうか、
くめちゃんの好きな人(Y)に…


『学年で一番、麻友が可愛いと想う。』って真顔で言われてしまい


めちゃくちゃきまずいんです、今。
くめちゃんはそのこと知らないからいいんだけど…
ああ゛

「そんなこと言われても、困る。」って言って…、

『俺の可能性はないの?だめ?俺は?』って言われて…、

「…いや、その…あの…」ってかなり動揺して

『…もしあるんだったら超嬉しいんだけど』ってキラキラと言われて

「いや、あのね?」ってちゃんと言おうとしたら

悠がノリだと想ったらしく
「麻友、めっちゃYのこといいって言ってたよ!全然あるって言ってたよ!」って(笑)

私、はぁ?ってなって

「いやいやいやいや、…悠~?(怒)」

悠、「…え?まじ?まじの会話?」

そしたらYは「本当?」ってキラキラに悠に聴いて
悠は焦って「いやー…」ってなってたから


はっきりと「ごめん、ない。ないんだ。」って言ったらかなり凹んでた…







もー知らないよ
本当さ…
くめちゃん…
くめちゃーん、
私、くめちゃんが大好きだよ
恋が実ってほしいよ
でも…

この前悠がYに「くめちゃんどう?」って言ったら即答で「…ない」って言われてて


もう私も悠もくめちゃんにどうしたらいいか分かんなくて




小学ん時から、そう…
友達の好きな人に、告白というか、私のことが好きだという噂が流れるというか。
どうしてこうも
私の友情を壊したがるのでしょう、恋愛は。


だから人に言えないんだってばよ…


くめちゃん
…私くめちゃん大好きなんだよ…
だから…




そう
私、Yのこと好きじゃないから
Nだもん、好きなの、多分。



だから



ってどうしたらいいの?



もう嫌(ω)




…涙




春日和。



今日はあったかくて
風が強くて
とっても優しい空が広がる

きれいな日でした




窓あけっぱなしにしてたら
(今、窓際の席なの。最高*)
周りに風がなんちゃらって怒られて
「気持ちいいじゃん」ってぷくーってなったけど
しぶしぶ閉めました。

休み時間になったとたん開けたけど…
だって風好きなんだもん。
本当気持ちかった。
春でした、今日は。

私、想ったことがあるの
もう「Sunny」っていう詞になってるんだけど…
教室を客観的に見てるとね
雨が降り出すと、みんな傘は傘は?って話しだすの
風が強いと、窓を開けたり、反対に強すぎたら閉めるし。
雪が降ると、みんなうっとりと見つめたり、喜んだり。

…そう想った時
「晴れの日は?」って想った
特別何もないんですよね、みんな。
めちゃくちゃ空がきれいだったら、数人の子は「きれい」ぐらいは言うけど
話題にはならないっていうか。
なるときもあるんだけど…

それより、雨や雪や風の日の方が、話題になるし、みんなすごく話をするの


晴れの日が多いのにね
なんか、いつも転がってる優しい幸せに気付けていないのかもしれないって
そう想ったんです
人ってそんなものなのかもしれないなって

私、晴れの日こそ、空を見ていたいなって
晴れの日こそ、いっぱい見ていたいなって

そう想う
晴れの日こそ、見つめて、ちゃんと光を浴びたい
当たり前なんかじゃない
今までの歴史の中で、きっと晴れの日ばかり見つめる人がいたんだ
そんな人がいるからこそ、空は晴れの日を続けてくれたんだと思いました

じいちゃまは空にいる
雨の日は泣いてて
風の日は私たちに何かを気づけさせたくて
雪の日はとっても寒くて

晴れの日は、笑っている
笑ってるんだよね、じいちゃま

笑ってる日なのに
あんまり見てなくてごめんね?
もう春だね、気持ちよかね。



色々あったな
2-1で
色々、あった
もうすぐ終わるなぁこのクラスも

辛いような
ドキドキするような
変な気持ち

その前に卒業式か…


そうだ、ひとつ報告
塾へは行かないことにしました
向いてないみたい。
今回の結果はよかったので
自分は家庭勉強の方が向いてるのかもしれない…

そう想った結果です。



疲れたな
悲しいな
切ないな

…でも
私は私で私は私でしかなくて
ずっと今まで生きてきて
今まで
楽しいことがいっぱいあった

だから
…また生きていける


生きることが好き



そう、

そう、そう想う

本当にみなさんありがとう。
みなさんのおかげです、いつも、いつも。


↓急に出来上がってしまった詩。





風が強くて
温かい日差しが集まり
空は優しく微笑んでる

そんな日のある時間の
ある教室では
優しい笑い声が広がっていて
そこにいた一人の女の子は

空に向かってこういいました



「ありがとう。」


涙が溢れそうになったのを
こらえたその女の子は
また友達と話し始めました

そんな女の子を見た空は
嬉しかったのか
はずかしかったのか
つまらなかったのか

わからないけれど

また強い風を吹きました
教室のみんながびっくりしました

でもその女の子だけは
気持ち良さそうに窓を開けて
にっこり笑ってまたこういいました

「ありがとう。」




幸せ


コメント、もう少し待ってください。
部活忙しくって。
私のポリシーで適当にコメは返したくないから*
花奈美さん、ありがとう。
本当にほんわかしました。じいちゃまにも届いたと思います。



幸せって、なんだろ?
私、どうしたらいいんだろ?

愛さんへのメールで
「私幸せ者です」って書いた
それは本心、
愛さんの心が暖かすぎて、私なんかにもったいない、ありがとう、嬉しい…っていう気持ちだった
それが「幸せ」ってことなのかな?

人へ望みすぎているのだろうか
いつの間にか泣いてしまっているんだけど
それは幸せと言えるのかな

ずっと思ってた
自分だけが幸せじゃだめなんだ

人の幸せを見て、心から喜べて
そして自分も幸せだと実感すること
それが素敵なことなんだって

あぁ、今自分幸せかもって想った途端
自分を恥じてしまうことがある

「人のこと考えてなかった、自分だけだった」って

そしてすぐに周り見つめる
でも、見た目では幸せかどうか分かんない
そしてそれが自己満足だったことに悔いて

…結局幸せじゃなくなる



分かんない
幸せってなんなのか

でも、もしかしたら、ううんきっと、いや絶対
私の幸せそうな姿を見て喜んでくれてる人がいる

両親

大好きな人


そうでしょ?
そう思っても、いいんでしょ…



泣きたいな
全部想いを話したいな
なのに
友達がいると涙は引っ込んでしまう
ばかみたい
ばかみたい
ばかみたい
ばかみたい

ばかみたいだよ、


大好きな人がいる
それでいい

それでいい

…そうかな?



私、今日「あー疲れた、もう嫌だよ」っていつの間にか呟いてて
悠に「…笑、なにが?」って言われて
言葉に困った

あれ、なんだっけ?

そう想った
でも多分
部活
家族
勉強
恋愛
後輩
友情
色んな事が回りまわっていたんだと想う、


…だめだな
もうすぐ卒業式なのに
こんなんじゃ、先輩たちを送れないよ



旅立ちの日に、いい曲だな
心からそう想うよ
勇気を翼に込めて…か。



自分のひとりぽっちに気を取られ
誰かのひとりぽっちに気付けないでいた

…三月のライオンより。


そうなってやいないかな?
大丈夫かな、私…、
気付けてるかな、SOSに…


自分の感受性くらい、自分で守れ ばかものよ

…茨城のり子さん

守れてる?
大丈夫?
…守れてない、私。。。本当大バカ者だ…


弱音はく場合じゃないよ
かみしめて生きなきゃ。
この胸の苦しみがいとおしいほどに生きて 生きて 生きて

…KOKIAさん

この胸の苦しみって、愛しいものなんだってこの歌で気付けた
そうだよね、KOKIAさん
かみしめなくちゃね
頑張らなくちゃ
そうだよね…、





ああ…

自分のことを愛してくれる、愛情を投げかけてくれるひとに出逢うたびに
…気付くたびに

自分はどうだろうって想う
何かを返せてるんだろうかって想う
今まで何やってたんだろうかって想う

私はなんだろうってとこまで行きつく


ここまで考えて見えてくる答えはなんだろう?





ばかみたい

本当、ばかみたい



ばかみたい
ばかみたい



…大好きなのに
みんなのこと
家族も友達も先輩も後輩も先生もファミさんも

みんなみんな大好きなのに
大好きなのに
大好きなのに
大好きなのに


…ばかみたい


幸せって何?
どうしたらいいの?




じいちゃまへ



じいちゃまへ

今日からちょうど五年前やったね
じいちゃまが天国へ逝ったのは。
そして今日はね
優しい詩を書く小渕さんっていうアーティストさんの誕生日でもあるの
空ではコブクロとか流れとらん?
今はお休みしとるけどとっても好きやった歌手さんなんよ
あと、友達の誕生日でもあるんだ

じいちゃま、この3月13日の
もう少し前から入院しとった
手紙送りよったよね
毎週の勢いで逢いに行ったよねお母ちゃんと
その時は笑ってくれよったけど
あとで聞いたと、私の手紙を読む元気もなかったって

それ聴いた時はちょっと怒ったとよ
私が一生懸命書いたのに
確かに面白い内容やなかったかもしれんけど
読んでくれてもいいやんって
子供やったもんね、
今はじいちゃまがかなりきつかったんだってわかっとるよ

それに、お母ちゃんが泣きよる姿も見よった


3月13日は
私の演奏会の日やった
でもじいちゃまが心配やった
大丈夫よってお母ちゃんに言われたけん頑張れたと
んで帰ってきてさ
テレビを家族で見よったら
かかってきたと、電話が

「今日が最後かもしれん」っていう
ばあちゃまの声やった
お母ちゃんはすぐにじいちゃまのところ行く用意して
私も行くって言ったっちゃけど
あんたは寝ときなさい大丈夫だからって言われた

疲れたのもあって、私は寝てしまった
そしたらその日
じいちゃまは天国に逝った
お母ちゃんも間に合わんやった

じいちゃまが天国に逝ったって
お母ちゃんがこっちに電話してくれて
お父ちゃんが私を起こして教えようとしたけど
兄ちゃんが止めたと
「今起こして伝えたら泣くけんコイツ、今は寝かせてあげよう」って
優しかね、なんも知らんで寝とったよ

次の日は普通に学校やったけん
起きようとしたら
お父ちゃんが「じいちゃま、天国逝ったって」って朝一で言ったと
頭が真っ白ってこーいうことなんやなぁと想った
信じらんやったと、信じれんやった
多分なんも声が出らんで
お父ちゃんは淡々と落ち着いて話してくれて
「今日は学校お休みして、じいちゃまのところ行こう」って言ってくれた

車に乗って
ゆっくりと事情がわかってきて
…ちっちゃく泣いた
お父ちゃんに迷惑と思ったんやろうと想う
たぶん、本当に何の声も出てなかったと想う

そして家について
みんな泣きよった
御座敷に、じいちゃまがおった
冷たくて
もう表情がなくて
いつもは泣かんお兄ちゃんが泣きよって
本当っちゃんってわかって
わんわん泣いた
本当すごかったと想う
一人でわんわん泣いた
本当悲しかった
じいちゃまって
じいちゃまって

今も覚えとるよ、あんときのじいちゃま


そして今
五年もたったのに
こうやって書きよったら泣いちゃう

だって
じいちゃまがおったけん楽しかった
じいちゃまがおったけん親戚がいっぱい集まりよった
今は全然そんなのないもん

じいちゃまはいっつも
私と会うとだっこしてくれた
おっきくなったね、って
重くなったね、って
もうお姉ちゃんやね、って
それが嬉しかった

お母ちゃんもお父ちゃんもしてくれんのに
じいちゃまはいっつも私を持ちあげてくれた

畑仕事をするじいちゃまも
一緒に旅館に連れて行ってくれるじいちゃまも
全部好きやった

本当に好きやった
大好きやった
大好きで大好きで大好きやった

いまだにじいちゃまが生きとってほしいって想う
彩ちゃんも同じと思う
いまだに二人でじいちゃまの話しよるとよ
元気しとるかいなねって話すとよ
お互いいまだに、涙が流れると

じいちゃまが死んで
ずっと泣きよった
何年も想い出すたびに泣きよった

でもお母ちゃんに言われたと
「もう泣かんでいい」って
意味がわからんでね
何でよって想ったけど
今は分かるよ

じいちゃま、私の泣きよる姿好きやなかったもんね
私が駄々こねて赤のランドセルは嫌だって言った時
「いじめられんね?大丈夫ね?」って
本当にじいちゃまが泣きそうな感じで説得してくれた
わがままな孫でごめんね
あんときのじいちゃますっごく覚えとる
本当に心配してくれた

じいちゃま
ばあちゃまは元気よ
でもやっぱりさみしいみたいよ
元気送ってあげて
お願い、ばあちゃまに元気をちょうだい
ばあちゃまも大好きっちゃもん私
本当に好きっちゃん

彩ちゃんもさみしいみたいよ
じいちゃまがおらんで
ばあちゃまも元気ないけん
空から元気ちょうだい

そうだ、いい忘れとった
今、お母ちゃんとお父ちゃんもやけど
私は東京に住んどるよ

さみしい?
そんなことないやろ
空から見ててよ

東京に来てね
じいちゃまが住んどった場所が遠くて悲しいよ
お母ちゃんも悲しいみたいよ

でもね
私後悔はしとらんと
色んなものもらったけん


じいちゃま
私のこと覚えちょる?
こんなにおっきくなったよ
もうすぐ受験生よ
東京で頑張りよるとよ
今も変わらずじいちゃまが大好きよ
覚えちょる?
覚えちょってよ
忘れんでよ

彩ちゃんはもう高校生とよ
頑張りよるよ
大好きな従姉妹っちゃん
でも、彩ちゃんは彩ちゃんで悲しいこともあるみたいやけん
空からちゃんと見まもってあげて

彩ちゃんはじいちゃまと一緒に暮らしよったけん
もっと色んな思い出があるんやろうね
全部忘れちゃいかんよ

じいちゃまが可愛がってくれた孫はみんな
元気に育ちよるよ
みんなもうおっきくなりよるよ
私が一番最年少やけど
その私がもう受験生やもん

そして
じいちゃまの娘の私のお母ちゃんも
息子の彩ちゃんのお父さんも
元気よ
お母ちゃんとは仲よくやりよる、
ちゃんと手助けしよるよ
足りん!って怒られるけど
じいちゃまは「よくやりよるたい」って言ってくれるよね
頑張りよるのに
お母ちゃんはまだまだって言うとよ


じいちゃまのお葬式の日に
一緒にじいちゃまと空に逝かせた私の手紙、読んだ?
何て書いたか覚えとらん
でも
子供っぽいこといっぱい書いとったんやろうね

今の私の手紙はどう?
大人になっとる?


ねぇ
じいちゃま

空は気持ちよか?

逢いたいよ
じいちゃま

でも我慢する。
いつか逢えるよね、じいちゃま


今日の空はいい天気やった
風がすっごく気持ち良かった
じいちゃまの日やけん
じいちゃまの空やったけんかいなね


じいちゃま
じいちゃま

呼ぶだけで
心が気持ちいいよ


じいちゃま
逢いたいよ
ありがとう




Like or Love?





今、
ある二人の男子に
告られているわけではないが
告られているようないないような…

あ、一人はもう言われたんだけど…
いや、言われていないのか…
私ぼーっとしているから…
あれがどうだったのか分かんないけど…




分かんない。
何をどうしたらいいのか。

あ゛ー。
もう嫌だよ。


やっぱりさ、
私、Nと一緒にいたいんだよ。
LikeなのかLoveなのか
分かんないけど
Nと話すと笑顔になれるんだよ
嬉しいんだよ
ほっとするんだよ…


だって、最近のNは
うざくないし(本当一時期ひどかったから)
普通に優しくて
楽しくて、かっこよくてかわいくて


わかってる。
自分から無意識にNの方へ行ってること
いつの間にか目で追ってること
話しかけてしまうこと

実際、
普通に仲いいメンツだから
一緒にいても違和感なく普通に話せる
それがたまらなく、たまらなく、嬉しい

おーちゃんがうらやましく想う
いいなって想う

おーちゃんになりたいなとか思う、


Nとつるんでるメンツの中で
自分と仲良くないヤツもいるから
(というか、話したことがない・笑)
今日はうまく話せなかった

でも、…楽しかったんだ




I like…なのか
I love…なのか

分かんない
どうしたらいいのかも分かんない

友達にこの想い、打ち明けてればよかった




最近、恋で悩む、
Nのことも気になりつつ
福岡の時、想いを伝えきれなかったヤツも想い出す

でもこれは決めてる
今度福岡帰った時、逢ったら
『あの時、答えられなくてごめんなさい』
『東京行きを伝えなくてごめんなさい』
『本当は、ずっと好きでした。』

この三つ、伝えようと思ってる
今、ソイツのことが好きか?って言われたら多分違うけど
もやもやしてる、
言いたかった…から

中学進級したら
絶対に伝えるつもりだった、
なのに飛行機に乗っちゃった
まじで後悔してるから、、


絶対言う。
逢いたいな。逢えるかな。
私のこと…覚えてるかな?




N、LikeなのかLoveなのか分かんないけれど
私、あなたと一緒にいたい

一緒にいてください
少ない2-1の時間を
私と一緒に過ごしてください



ありがとう、



ともだち。



コメントの返事、もう少し待ってください。
最近忙しいんだ。
辛いことも多いし。


今日、部活が終わって友達と語った。
本当にずーっと。

悠、私、はな(仮名)、まき(仮名)と。
全員部活仲間。
はなとはすごく相性がよくって、似てるの性格が(笑)
まきはとっても優しい子。なごむ…。

そんなメンバーで。
部活のこと、
家族のこと、
恋愛のこと、
悩みのこと…

あぁ私って一人じゃないんだなって
話を聞いてくれる人がいるんだなって
そう、気付いた

今まで抱えてた悩みも少し話して。
すごく心が軽くなって。
自分の考えも言えた。日本や世界に対しての。


はなは、途中涙ぐんでた。
そういう悩みだった。
何て言ったらいいのかわかんないけど、…
私ははなのこと好きだよ、っていつもありがとう、って
はなだけのせいじゃないよ、ってそれしか言えずに
もしかしたら、軽はずみに傷つくようなこと言ってしまったかもしれない
でも、はなとなら誤解は解ける。
そう思える子です。


悠とはやっぱり価値観がちょっと違うんだけど(笑)
まぁ、自分はこう想う!ってお互い強くあるから
いっかなぁ、いつか悠とも同じになれるかな、
でもやっぱり、私あの時悠に救われたんだよなっていうのは想い出して。

人って難しい
色んな人がいるから。
だからこそうまくいかないし。
理不尽なことが起きるし。
優しい人にばかり災難が降りかかるし。
優しいからこそ、ココロがやわらかくて苦しむし。


でも、私やっぱり人が好きです
人に支えられて生きてるの、
♪支えてくれたのは いつだって誰かの言葉♪
KOKIAさんのいう通り。
本当に、「誰か」の言葉。
絶対。
本当にそうだと想う。


はな、ありがとう。
まき、ありがとう。
悠…もありがとう(笑)


みんながいるから私がいる。
今日は泣きそうになってごめんね。

話せてよかった。
楽しかった。
嬉しかった。


…これからも、一緒にいてください。





一歩、一歩…

私、成長してますね
すごく自分で思える
まだまだなところはあるけど、前の自分と全然違う

うん、
実は昨日あの記事をかいてから
昔の自分の記事を読み返して
すごく勇気と元気をもらったの、

晴れない空なんてないし
晴れない気持ちなんてないし

時間はいつの間にか進んでいて
時間はいつの間にか忘れさせてくれる

それに気付いた。


今までの経験がちゃんとあるから。

悩んだ、本当に泣きまくった
でも、霧が晴れた
嬉しかった…

自分ってなんだろう?って想って
ありのままでいいんだって気付けた
私は私、誰にもなれない…そうわかったんだ


悩むたびに
成長していることがわかる
自分の想いの変わりように私が驚いてる
小さなハピネスと
小さなポジティブを
心に持ち歩くことができてるから


あしかちゃん、
答えって言う表現があれだったかなって想った…
あんな記事書いたらそう想うよね…

でも、ありがとう

でもね
答えが必要なことがひとつあるんだ、
どうしてもこれは結論決めて答え見つけて
そうしないといけないことなの

手遅れになっちゃうからね、
後悔したくないから

今ちゃんとメールで話し合ってるよ。



よし。
今日はいい気分だ。
大丈夫さ。
ふふ。


たぶんね。
色々あるけど、頑張る。
私は私だから。



コブクロのことだって
私が成長しているから想った事
辛いし泣いちゃうのも事実だけど
多分、お二人はそんな私を、なんていうのかな
ちゃんとわかってくれる気がします。




今日ね、悠とはるちゃんって子に自作の詩を見せました
というか見られました(笑)

そしたら、悠が私曲付ける、って言って
はるちゃんが私ジャケット書く、って言ってくれて。

「The world」って詩を書いたんだけど
そのイメージで絵をかいてくれてね
はるちゃん、デザイナー志望だから*

それがすごく良くって。
私のイメージとあっていて。
「この部分に、パステルって出てくるでしょ、だからこんな色かなって」って…
嬉しかった(^^)

悠も頑張って曲をかくらしい。


なんか、すごくうれしい気分ありがとう。



今日、あるヤツに…
いいや、書かないでおく。
好きみたいだもん。


まぁTよりは好きかな(爆)


Tも、あるヤツも
私なんかよりいい女子いるのになぁ








悩み



最近、色んな事が一気に降りかかってきて
大丈夫だなんて記事には書いてたけど
やっぱり、ちょっと苦しいです

塾のこと、
最近あった悲しい事件のこと、
コブクロのこと、
大切な人のこと、
部活のこと、

まだまだある


全部
全部
辛いよ…

どうしたらいいんだろう?

一個一個考えてみよう。



塾のことは、焦る必要がないのに。
まだ体験なんだから。
他の塾を知らないから、いい塾なのか悪いのかわかんないけど
とりあえずもう少し通ってみよう。

そうだよ。でも、やっぱり引っ掛かることがある…
あー…


最近あった悲しい事件のことは…
ちゃんと教えてほしい
うちらをほっといてほしくない

みんな、きっと裏では泣いてたんだよ、、
どう受け止めたらいいのかわかんない、



コブクロのことは…
やっぱり、悲しいってこと
こんなにも好きだったんだって想った
電車にポスターがあって
泣きそうになった

どうしたらいいんだろ



大切な人のことは…
従姉妹ととちゃんと話あおう。
私が諦めたらいけないんだ。

そうだよね?
でもさ、
やっぱり辛いよ、もうちょっと、そばにいる人が頑張ってほしいよ
遠くにいるんだもん、私は



部活のことは…
これはもう、本当に
先生も部長もやること間違ってると想うんだよ、

後輩もいるんだからさ




はい、一個ずつ考えてみたけど
全然答えなんてありませんでした






ばかみたい、
悩みのない世界に行きたい







初めての塾へ…



コメ返、終わりました。
みなさんがくれた言葉、ずっと心の部屋に置いておきます。
ありがとう。ありがとう。

私っていう人間はこれからも
喜怒哀楽激しく、友達関係や恋愛や勉強や、音楽のことでいっぱい悩むと想うけど
みなさんが大好きだって気持ちは変わりませんから(^^)

よろしくお願いします。




さてはて。
今日は塾の体験に行ってきます。

塾なんて行ったことないんですよ(笑)
どうしましょ…
兄二人も行ったことないですし。

それに、私の本名が塾の名前なんですよ(笑)


とにかく頑張ってきます。
個人経営でこじんまりとした、小さな素敵な塾みたいなので
楽しみにしています♪




最近色んな事が一気に降りかかってきて
大分凹んでて
まぁ、今もかなりきつい感じなんですけど…
何でも受けとめることが大切だし
一人じゃないし
とりあえず、笑って、頑張ってみようと想ってます!!


もうすぐ二年も終わりなんですよね。
クラス替えもさみしいなぁ。
Nと別れちゃうしなぁ。
でも、Nも最近は吹っ切れたみたいだし。

それよりTなんですよ…
あー、もう…
恋愛ってむずかしい。

私にどうしろって言うんだー。
もうホントに無理。
どうしよう…

友達に怒られる、「麻友は、思わせぶりなんだってば」って
そんなこと言われても
普通に友達なんだもん
あー、じゃあもう話しないほうがいいのか?


それに、部活もごたごたになってきたし
部長も部長だよ…もっとさ、強く言わなくちゃ
部長のいうことも分かるけどそういう問題じゃないと想う

人はどんなにダメでも、可能性は0じゃないんだから
切り捨てちゃダメだと想うよ?


簡単には3年にはなれませんか?
あぁ、もう色々辛いよー




ふぅ
大きく深呼吸。


私はまだまだ、頑張れる。
自分を信じて、立ち上がる。

KOKIAさんはそう唄ってるじゃないか。





シャンハイムーンを見て

こまつ座、
井上ひさしさん原作の「シャンハイムーン」を見てきました。

久々の舞台。
高鳴る心。
本当、久しぶりのあのドキドキ感。
あらすじを読む楽しさ。
わたし、やっぱりお芝居とか舞台とか好きです(^^)


ですが、体調が少しすぐれなくて
前半は少しいねむりしちゃったかな。

でも、本当に素敵な舞台でした。
自然に涙があふれました。
きれいな景色があふれ出している舞台でした。






ここからネタばれです*****

魯迅という方のお話です
世界の中でもとても優秀な小説家です。

わたしは知らなかったんですけど
両親に「知らないの?」と変なもの扱いされてしまいました(笑

中国の華北に満州国を作って日本が支配していた時代です
その時、満州では(上海も含まれてる)日本人は中国人に対して差別をしていました
今の沖縄の基地と一緒で、中国人にひどい仕打ちをしていたんですね

魯迅は日本人が嫌いでした
日本の政治、大日本帝国憲法の時代が嫌いでした

しかし、魯迅が息を引き取った時、そばにいたのは
妻以外は全員、日本人だったのです

その絆とは…?
というところから、舞台が展開されました


storyはわたしから説明するのは
かなり、大分、大変です(笑)


簡単にいいますね。
魯迅と、それを囲む奥さんと、おかしな楽しい日本人4人の
温かくて、優しい物語なんです。

その当時の中国共産党の卑劣さ、
女性たちがどんな人生を強いられてきたか、
そういうのが節々にあって、心が痛みました。

でも、ユーモラスなところもあって
でも、涙が出るところもあって

井上ひさしさんってすごいなぁと想いました。
井上ひさしさんは、本当に魯迅のことについて調べているんだなぁと。
有名ですよね、すごく情報収集をするって。


魯迅は、小説家としてすごい人だけれど、人としては、色んな困難があった人で
奥さんは、何人いるのかな?
最後を看取ったのは第二次夫人でした。

日本人4人を紹介すると、
まずとっても素敵な古い本屋さんを営む仲良し夫婦。
魯迅はこの本屋が気に行って、体を休めるために住むようになるんです。
この本屋がこの話の舞台です。
あと2人はどちらもお医者さん。
歯医者さんと、オールマイティな外科医さん。


何を書けばいいのか分からない。

えっと…
まず最初の事件は、魯迅が周囲の人が違う人に見えてしまう病気にかかります。
(名前忘れちゃった)
第二次夫人のことは、正妻に見えて、
外科医さんのことは、恩師に見えて、
歯医者さんのことは、後輩に見えて、
本屋の奥さんのことは、先輩に見えて、
本屋の旦那さんのことは、そのまま本屋の旦那さん(笑)に見えて。

魯迅は、正妻、恩師、後輩、先輩、に向かって「すまなかった」と口にします。
「あの時、こんなことを言ってしまった。」
「あの時、僕はこんなことをしていたのだ。」
「僕は最低なヤツだ。」
そう、何度も言います。

そこで、小説家として名を知れていた魯迅なのに
人として弱い部分が見えてくるのです。

外科医の須藤先生はこう診断します、「自殺をしたいのだ。自分を殺してほしいと想っている。」
その病気にも名前があったのだけれど、忘れてしまった。
こうやって、自分が悪い、すまなかった、と口にすることによって
自分の心を殺してほしいと願っているのだ、というんです。

そこで、魯迅が心に病みを抱えていたことに周りが気付くのです。


それもひょんなことで治り、(ここ、ちょっと寝てて…あんまり覚えてなくって。)
次…です

それぞれ、4人の日本人の人生がひも解いて行くんです。


その中でも、歯医者の方と、須藤先生が一番心に残りました
歯医者の方は、奥田さんって言うんだけど
脅迫文のようなものが送られてきたんです

ろくでもない日本人だ、という内容でした
それは、奥田さんは日本人と中国人を差別しないから。
そして、奥田さんの母親もろくでもない、と書かれていて。

奥田さんの母親は、中国人だったんです。
だから、差別を受けて美人だったせいか拉致されたんです。
もともと病弱だったため、その1年後に亡くなります。

その当時、女性たちはひどい仕打ちを受けたんです
好き勝手に男に使われたんです
今の沖縄にある基地にいる兵士たちだって、日本人を乱雑に扱っていますよね

そして奥田さんは叫ぶんです
「そんな母を、僕は尊敬している!文句あるか!」と。
そのシーンは、奥田さんの声が心に突き刺さりました



もうひとつ、須藤先生。
須藤先生は、魯迅とは少し似た境遇なのです
魯迅は、本当は医師を目指していました。
しかし、中国人が殺される、(とにかく中国人をひどく扱った)映画を見たんです
それを見ている日本人は、笑いながら楽しそうだったんです
そして、魯迅は、人々の精神を変えなければと、小説家へと道を変えます。

須藤先生は、本当は小説家を目指していました。
しかし、その魯迅と同じ映画を見て、周りの日本人が酒を飲みながら楽しそうなのを見て
怒りを感じました。
でも、一人だけ合掌している人がいました。それは須藤先生の兄でした。
でも、その兄も病気ですぐ死んでしまいました。
そこで、須藤先生は、精神が出来ていても、体がぼろぼろだったら意味がない、と医師へと道を変えます。

須藤先生は、里親をしていました
両親がいなくて、経済的にも大変な中国人の女の子を。
ずっと匿名でお金を贈っていたのです
(そういうシステムがあるんですよね)

そして、もう娘が自立したので、お金を贈らなくていいです、という通知が来ます
娘は、自分の里親が知りたくて、調べて、須藤先生に会います
ずっと、毎月、涙を流してお金を受け取っていた、と。
そして須藤先生と同じく医療の道へ進んでいて…

そういう現実があるのだなぁと。
日本が支配していた地で、そんなこともあったんだと。
何度もセリフにあるんです
「悪い日本人ばかりでない」と。でも、日本の政治は強く否定していました。



本当は、魯迅とその妻と日本人4人で日本へ亡命する予定だったのだけれど
日本人それぞれにも、人生があり、
最終的には、亡命をせず、そして魯迅は息を引き取ります。

もしかしたら、日本へ早く亡命して治していたら
魯迅は元気になって、いい小説が書けていたのかもしれない。
でも、魯迅が愛した日本人の人生を尊重し、一緒に共有することによって
魯迅は「治療」を受けたのです


ラストは涙があふれました
一人ひとりの人生にそれぞれに感動して
自分の生き方って、もっと見直すべきところがあるのかもしれないなとか
もっと、もっと、人のために頑張れるんじゃないかなとか。
この時代頑張ってくれた人もいたんだなとか。

たくさんのことに気付けた舞台でした。
音楽がなくて、セリフは本当に多かったのに、俳優さん、素晴らしかったです。



ネタばれ終わりです******





舞台を見終わると、いつも俳優への憧れを抱きます
演出家への憧れを抱きます

人間が繰り広げた今までの歴史や
これからの歴史

そういうものを
こんなにも美しく、感じられるなんて
この世に生まれて良かったって想うんです

昔の過ちも
今の過ちも

より良い方向へ
平和へ

進んでほしい、と
何を見ても感じても聴いても、最後にはそう想うんです






またさ来週も舞台を見に行きます(^^)
仲代達也さんですよ♪
知ってらっしゃる方は多いかもしれないなぁ

わたしも、数年前に舞台で知るまでは知らなかったんですが
日本を代表する俳優さんみたいですね。

この前新聞でも見たし、
調べてみたら、セカチューにも出てた*



ありがとう。  ―色んなお知らせ―



ありがとう。
レスがこんなに来ることも、
回覧数がこんなに増えることも、
予想していなくて、嬉しくて、本当に嬉しかったです。


わたし、本当に心から、
「この記事で自分が嫌われるかもしれない」なんて
想っていませんでした。
でも、人って弱いからそう思ってしまいました。
ごめんなさい。


返信、ゆっくりさせてください。
本当に何度も涙があふれました。
土日もあるので、待っててください。



あのね、みなさん…
実は、ちょっと辛いことがあったんです。
身近の方が、事件を犯しました。
というと、すごくひどいことのようですが、いえ、ひどいことなんですが
自業自得なんですが、どうしても辛くて、少し、いえ大分落ち込みました。

でも、今は前を、多分、うん向くことができています。
人は、一瞬で全てを失ってしまうこと、
でも、きっと立ちあがってくれると信じています。



そして、
テストが続々と帰ってきています。

自分で言うのもなんですが、
大分いいです。はい、驚きです。

初めて、英語が高得点を取ることができて
先生に「頑張ったね。」と言ってもらえて本当に嬉しかったです。
涙が溢れそうになって、だけどこらえて、
家に帰ると泣けてきたんです。

今まで、英語がどうにもいい点数がとれなくて
無理だと決めつけていた。
でも、今回、本当に頑張った。
努力って報われるんだなぁって。

あと、理科も高得点を取りました。



いいことと悪いことが色々織り混ざって
最近よく泣いています。


コブクロのことを考えると、胸が痛くなるんです
大好きだと思えない自分が苦しくて
ニュースを聴くたびに苦しくて
だからといってやっぱり、黒田さんの声を聴くと嬉しくて

でも、やっぱり
違うんだよ、っていう辛さが抜けなくて



そしたら、今まで気にしていなかったことまで苦しくなってきて
最近かなり凹んでます


でも、うん
多分大丈夫です



ファミさんへ

Ringにも少し書いたのですが、
心の整理が着きました。
答えが出ました。
少し、Ringに書いてるのとは違うから、
ちゃんと本館に書くことにします。

言うのが怖い。
書くのが怖い。
それが正直な気持ちです。
でも、言わずにはいられない。
嘘の気持ちをみなさんに話すわけにはいかないから。


私、コブクロをお休みします。


本当はファンをやめようと想ってました。
でも、母に「やめなくてもいいよ、お休みでいいんじゃない」と言ってもらえました。
そうかもな、と思って
お休み、ということにしました。

自分の中でどうしようもない感情があふれてきて、
涙しかでなくって、
でも変わらない感情であって…
母に話したら、
「あんた、本当にコブクロ好きなんやね。
 そこまでコブクロのことおもっとるとは思ってなかった。
 ファンになったばっかりのときやったら、そんなこと言えんよね。
 ううん、去年の麻友でも、きっと言えんかった。成長したね。」
と言ってもらえました。

理由は、一口には言えません。
でも、遡れば、もっと前からこんな日が来ることを考えていたのかもしれないです
コブクロだけをみつめてきた、
コブクロが一番だと想ってきた、
でも、数々のアーティストさんを聴いて、
「私、何を今まで見てきたんだろう。」って想うようになったんです

Ringに書いたように、
初めてファンになった歌手だから、
大好きだからこそ、悲しくて
大好きだからこそ、せつなくて
大好きだからこそ、もっと、もっと、って求めてしまいました。

私は、コブクロと音楽観が違う、ってことに
最近気付いたんです。

コブクロの音楽観をただ好きで、
歌詞とメロディーと声が好きで。
それは今も変わりません。
でも、違うなぁって思うんです。

14歳になって、今年15歳で、
ピアノの記事に書いたように、「自分」が作る、「定義」のもとの「音楽観」が生まれてきたんです。

それが、コブクロとは異なってた。
大好きだったからこそ、それが辛くて悲しかった。
でも、それは違う人間だし、コブクロはもう、日本の音楽界になくてはならない、と言われてるし
レコード会社にとっても、いなくてはいけない会社員でもあると想うし、
そこを、コブクロを責めるような形にはなっちゃいけない、と自分を説得しました

私は、
音楽を楽しむ、っていうのは
素人でも出来ると想うんです。
私だって、音楽を楽しんでます。

お二人が言った言葉、
「自分らが音楽を楽しむ=お客さんが喜んでくれること」。

それも、すごく素敵だし、
それで、コブクロのファンの人たち、もちろんその時は私も含め、それが嬉しいことでした。

簡単にいえば、
お二人は「好きなことをして、それを受け入れてもらえている」っていうこと。
素敵な人生だなって想うし、
だからこそ、無理してる音楽じゃないからこそ、こんなにも愛されて、素敵な曲なんだろうなと思います。


でも、今の自分は、
歌手で、
プロで、
お金をもらってLIVEをして、
そういう仕事をしているのなら、
楽しむ、だけじゃないでしょう?って想ってしまいます。

歌手とか、スポーツ選手とか、それこそ将棋棋士とかも同じですが、
社会の土台を創っているわけじゃないんですよね。
毎日食べるご飯、住んでいる家、いつも通ってる道路、乗っている車、
ギター、球場、なんだって、たくさんの人々がかかわって、生きているんです。
私の両親も、土台を作る側の人間なんです。

でも、その上に乗っかって、生きてると想うの、歌手やスポーツ選手とかは。
そうじゃないと生きていけないから。
だからこそ、何かをしなくてはいけないと想うんです
人々に影響力があるからこそ。

歌を歌えたりするのは、社会が平和だからなんです。
昔、戦争をやっていた時代、日本の戦争が正しい、ということしか言えなかったんだから…。
そのせいで、小林多喜二さんは弾圧されて殺された。
きっと、有能な人をいっぱい殺してきたと想う、正しい考えの人は殺されてきたのだから。

そんな想いもあふれつつ、
決定的な理由があります。
それは、「この指とまれ!」と「Remember the kiss」です。
みなさんも知っている、コブクロの曲と、もう一つは、KOKIAさんの曲です。
どちらも、2001年、9月11日にあった、アメリカのテロがきっかけで生まれた曲です。

私は、KOKIAさんをトルバのライブで初めて知りました。
その時、この曲を聴いて、涙が止まらなくて、なんてすばらしい曲なんだ、と思いました。
そしてCDを聴くようになったんです。

KOKIAさんは、2001年9月11日に、このニュースをテレビで見て、
すぐに2時間足らずで曲が出来たと言いました。

コブクロは、そのあと、2~3年たって、曲をかきました。

曲を比べるなんて、したくないけれど、
決定的に違うなって想ってしまいました。

KOKIAさんのこの曲は、とても短いです。
歌詞がね。
それなのに、心にずしん、とくる重みがあるんです
私やっぱり短い言葉で伝えることができる人が好きみたい。


KOKIAさんがすぐに曲を書くことができたのは、
普段から、社会について、平和について想いを募らせていたからだと想うんです。
BLOGを少し読んだけれど、
KOKIAさんの感性は本当にすてきで、「いつも、自分にできることってなんだろう、と考えている」と。
だからこそ、すぐに書けたんだと想うんです。
こんなこと、あってはならない、と。

でも、コブクロは、きっと、いつもは考えていないと想う。
わからないけれど。
だから、最初にニュースでショックの部分が出てきてしまって、
すぐには書けなかったのかなと思いました。
とにかく、すぐ、と嘘の歌を唄うよりは全然いいんだけれど。


KOKIAさんは、「Remember the kiss」を英語版で唄って、
その7年後ぐらいかな、NYで一万枚、無料で人々に配ったんです
NYって、色んな人々が集まってるところみたいで、
少しでも、平和について考えてほしい、と思って自分の手で配ったんです。

テレビには出ないけれど、
ヨーロッパで人気を博しているし、
なんていうのかな、伝えることが自分の使命だ、と思っている人だと想いました


でも、そんな中でも
コブクロの次の曲に、期待をしていたんです
今の日本は、平和じゃない。
さっき、社会が平和だからこそ、とは書いたけれど
ニュースを見ていればわかる、今の日本が完全に安心して暮らせる場所じゃないことを。
いやおうでも流れる、嫌なニュース
だから、そんな毎日だから、次の曲には、何か反映されるかな、と期待していました

そしたら、カバーアルバム、という小渕さんの書き込み。
楽しそうだな、と思ったのと同時に、
少し憤りも感じてしまいました。
どんな曲をカバーするかにもよると想うけれど。


大好きで、
大好きで、
だからこそのお休みです。


『麻友』はやめません。
ここだって続けていきます。

がっかりさせてしまったら、ごめんなさい。
ファミさんのことが大好きなのに、
こんな気持ち、感情になってしまって、
自分が嫌でたまらないです。

言ったら、みなさんが離れていってしまうんではないかと、
怖かったから、言いたくなかった
でも、嘘はだめだと想ったんです


大好きです。
小渕さんも、黒田さんも。

でも、私の描く音楽家の定義と、
少しすれ違ってしまったみたい。

でも、「麻友」という一人の人間は、
これからもここに、今まで通り存在します。

次の記事から、普通に麻友の日々を綴っていきます。
変わりなく、変わりなく、
支えてくださったら嬉しいです。

勝手なことだとわかっていながら、
みなさんのことがどうしようもなく大切で、
今までたくさん支えられたからこそ、
お願いします。








麻友








…追記

レスありがとうございます。
返信したいです。
でも、ちょっと精神面が今安定していません。

ありがとうございます。
本当に嬉しくて
何度も涙があふれました。

もう少しお待ちください。
旬の花時計
プロフィール

麻友(20)

Author:麻友(20)
大学も丸2年過ぎて、
あっという間の時間を感じています。

あたしはとても恵まれていて、
本当に恵まれていて、
大事な人が増えていくばかりです。


大事にしたい人が増えるから、
やっぱり社会もよくしたくって、
前に前に進もうと思えています。

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言
積み重なる足跡。
なう。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
*プロ野球順位表*
My Favorite Team is Hawks!!
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。