*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのレポ。




レポという高度な技は出来ないと思っていました。
はい、できません。←
でも忘れたくないから!
落書き程度にここに記しておきます。
.comには絶対に載せられないぐらいの低レベルな予感。
読んでくださる方は温かい目でお願いします!☆



12月23日 AM 4:30
あたしは母と着込んで出かけました。
始発に乗って水道橋へ。
電車の中では
コブクロの話もしたし、
他の話もしました。

母はあたしほどコブクロの曲を知らないので
「初期の唄を歌ってくれたらな~」って
言ってました。(∵)笑

水道橋に着いたら
ファミさんらしき人がたくさん。
ついていきました。(笑)

結構速く着いたつもりだったのに
すでに沢山の人人人人。
コブクロすげーって思いました。
末恐ろしいって。(笑)

それから約2時間~3時間?待ちましたね。
待っている間はずっと母と話してました。
あたしはわくわくからか、
全然寒くないし立ってるのも辛くなくて、
ずっともぞもぞしてる母に不思議がられました(笑)


チケットもらって
テンションはハイに。
買いそびれてたアルバムも買ってもらいました。(ポスター付き☆)
コブクロくんの写真も撮れました。

それからカフェで2時間くらい?時間つぶして。
会場に戻りました。

会場はアリーナはスタンディング。立ち見ですね。
プラス二階席と三階席。
立ち見って書かれていた時は
あ~後ろの方なんだって思ってたら、
全部立ち見なのか!ってびっくり。

夜明け前から並んだ甲斐あってか、
前から5~6列目、真ん中寄りの小渕さん側でした。
舞台とお客さんの間は無いので
舞台は5~6メートル先くらいかな?
近かったですよ。


ずっとアルバムの曲が流れてて、
あたしは放心状態。←
ほんとにこれからコブクロのお二人が出てくるの?
唄聴けるの?
ここまで来て疑いだす…(笑)


そして暗転。
歓声。

小渕さん、黒田さんが出てきました!!!!

あの時のあたしの表情、自分で見たい。(笑)
えっあ、っ、おう、っていう。
みんな手振ったり歓声あげてるのに、
あたしは、なんか、
おおお、ああああ、っていう。

小渕さんの笑顔がめーーーーっちゃくちゃ素敵だった。
小渕さんは端っこから端っこまで行って
手振ってたけど、
黒田さんはこちら側に来てくれなかった(笑)



MCはところどころになりますが、書いていきますね。

小渕さん「コブクロです!
     ストリートライブを何度かして、(いろんな人に聴いてもらう?ことができて?)
     (もっといろんな人に聴いてもらう?には?)
     次はフリーライブしかないだろうと思ってやりました!」

~みなさん何時に来たんですかという話になり

小渕さん「5時?4時半?4時??」

黒田さん「誰が一番か決めよう笑」

お客さん「4時!4時!」

黒田さん「4時やな~」

小渕さん「早くからね~」

黒田さん「スタンディングは久しぶりなんですよ
     でもすみませんね、僕やったら、
     この中入れません。嫌やん、隣に知らんおっさんとか」

お客さん 笑

小渕さん「おいおい」

黒田さん「ごめんな、嘘やで?」

小渕さん「みなさん早くから並んでくれて、
     このフリーライブのファーストステージ(?)に来てくれたので
     何曲か歌います!」

――One song From Two Heart

…な、な、生歌だ!!!
 さっきアルバムの聴いてたのと全然違う。
 お二人の声が唄がここにある。
 泣く暇もないくらい、なんか、感動というか、どきどきしました。

 そして、小渕さんのギターの迫力もびっくりしました。


~小渕さんの服装について

黒田さん「お前それシャツの大きさ間違えたん?」

小渕さん「間違えてないわ、Long Shirt!」

黒田さん「お前後ろむいてみーや」

小渕さんは腰より長いロングのチェックシャツ+ベストでした。
そのベストよりながーいシャツが見える後ろ姿。

黒田さん「ほら長いやん」

小渕さん「お前が最近俺の服をいじるからだろーが。俺だって今日は腰巻したかった!」

黒田さん「スカートはいてーや。まだいじり方考えてあったんだから。」

小渕さん「嫌や、IKKOさんとかいうからおすぎさんとかいうから。」

お客さん かわいいー!似合ってる!

黒田さん「俺もかわいいと思うで笑」

ここでのお客さんの歓声。笑
黒田さんが小渕さんをかわいいって言うのなかなかないですよね。笑


――紙飛行機

…爽やかですよね、やっぱりこの曲。
 ギター一本もいいなぁと思っていたら…

♪黒田さん「And I love you so…」

あたし ん?音程探ってる?(となんとなく思ったら)

小渕さん、ギター弾きながら
ミスったらしく
「んーーーぜんぜんっわからないっ」とマイクを通して言いまして。(笑)
止まりそうになりながら弾き続け、
自分のソロを歌い始めました。(笑)

黒田さん横で爆笑。
お客さんも笑い始めちゃって
「ときめ~きの」って小渕さんもちょっと笑いながら歌ってて
笑いに包まれた小渕さんのソロになりました。


終わってから…

小渕さん「(ドヤ顔)」

黒田さん「…お前よー、間違えるのはまだええで、なんで言うん!?」

小渕さん「ぜんっぜんわからなかったね~…笑」

黒田さん「そんなんやったらI love you so~が変な風になるわ」

お客さん 大丈夫!アレンジアレンジ!

小渕さん「やっさしー。アレンジやって。」

黒田さん「アレンジちゃうわ。ミスやわ。」

~何の流れか
 曲をリクエストするかみたいになり

黒田さん「曲をリクエストしてもらってそれをやるとかいいですよね、
     まあやること決まってますけど」

お客さん ~~がいい!○○がいい!

黒田さん「やからやること決まってるって。
     こうなってくると、誰が次の曲を当てるか?ってことになるで。
     あっ、じゃあ、次の曲決まってるけど、
     わーわー言ってる中で次の曲当てた人指さして、
     おっそれええなってまるでリクエスト風にしてやってみる?」

お客さん ~~がいい!

黒田さん「わかったじゃあ言ってみ?言って言って」

お客さん (ここの曲が思い出せない。)○○!

黒田さん「○○?違うわ。自分8列下がって。」

このやり取りを3回くらい?めっちゃウケてました。

黒田さん「これなんぼでも使えるな、セカンドでもやろう」

小渕さん「でもそうですね、そういうリクエスト、やりたいですよね。
     次の曲決まってるけど。」





小渕さん「一枚の写真をずっと見てるような、片隅まで全部。そんな気持ちで書きました。」


――モノクローム

…母も好きになったこの曲。
 あたしもアルバムの中じゃ「LIFE GOES ON」に続いて好きかな。 
 

お客さん マイクいらなくねー?

小渕さん「いるわっ」

黒田さん「朝早くからPAさん頑張ってくれはったから笑」


小渕さん「アコギ一本もいいでしょう?元はこーゆー感じなんです。
     もともとどういう形なのかっていうのを知ってほしいなとも思うんです。
     でも僕は、このアコギの音から、アルバムに入っているほかの楽器の旋律も
     聴こえてくるといいなぁと思って演奏してます。ストリートの時もそうなんです。」



――今、咲き誇る花たちよ

…小渕さんの曲説なんとなく覚えてます。
「みんなの中に種がある。
 それがいつ咲くか、来年か、5年後か、わからないけど、
 思い続けてほしい。(?)
 僕らにとっても、みんなにとっても、来年もまたいい年であってほしいと思います。」


この曲説聴いてるとき、
小渕さんがすごく目の前にいる私たちを思いやってくれてるのが伝わって、
すごくうれしかったです。




曲が終わって

小渕さん「ありがとうございました!コブクロでした!」

黒田さん「…みんな朝早く来てくれたから、
     もう1曲歌おうと思うんやけど~…」

お客さん きゃー!

黒田さん「小渕はすぐ帰ろうとしましたけどね笑」

小渕さん 笑いながらタオルで目をふいてました。泣いてたのかな?
     水飲んだりしながら違う違うって素振り。

お客さん ○○やって!と口々に。
  
私の近くのお客さんが「最後は桜!」

黒田さん「なんでお前が決めんねんっいらっとしたわ笑」

小渕さん「そんなこと言うたらケツメイシさんか直太郎君のにするで!」

黒田さん「言っとくけど直太郎君の桜めっちゃうまいからこいつ」

小渕さんギターを取り出し、直太郎さんの「桜」をワンフレーズ歌います
ほんとにうまかった。似てました。

黒田さん「似てるわ」

小渕さん「でもこれやってるとしゃべり方も変わるんよな~」


スタッフさんが譜面台を持ってきてくれて、
マイクオフで歌う雰囲気。
二人でどれにしようかと話し始めて。

小渕さんがこれやな、って譜面台を指さす。
お、これな、みたいな感じ。

黒田さん「生声やとほんとにこんな感じ(小さい)やから、
     小さい手拍子もやめてな。気遣って笑」

小渕さん「でもそうなるとみんな鼻息荒くなるから
     こうやって(鼻つまんでじっとしてるポーズ?)聴いて」

黒田さん「どんなライブやねん」


――桜


ふたりのコーラスが始まって…
すぐに小渕さんがやめます。

小渕さん「ちょっと待って、拍手は?」

黒田さん「…笑」

小渕さん「普通、わーーってなるやん。」

黒田さん「お前よー、でもよー、今自分で言うのもなんだけどめっちゃ上手く入れたやん」

小渕さん「いや、でも」


ということでTAKE2。


お二人のコーラスが始まって、
ちょっと遅れてあたしたちは控えめ拍手。

すると黒田さんが次は止めて、

黒田さん「今のはちゃうやん!」

小渕さん「桜か~わかってるわみたいな雰囲気。
     みんな彼氏から指輪もらったら、わっ!ってなるやろ。
     あ~はいはい指輪ね、欲しかった欲しかったってならんやろ?」

黒田さん「わかった、次の曲がみんなわかってるから反応できんねん。
     曲変えよ」

楽譜をめくる黒田さん。

そして‥‥


――桜


黒田さん歌いながらちょっと笑ってましたけど。(笑)



…マイクオフの桜をフルで聴けて、ほんとにしあわせでした。
 黒田さんがストリートは実力が出るって言ってたけど、
 ほんとにそう。マイクオフであそこまで聴かせられるってすごいと思います。

 この時は涙がもう、溢れて溢れてしかたありませんでした。
 今日この場所に自分がいれてよかったと、心から感じました。





ほんとは手紙を受け取ってもらえると聞いていたので
手紙を渡す場所を探したかったのですが、
母が「桜」中に
マイクオフということで声を出さないように頑張っていたら
もともと体調を崩していたためか、ちょっとした過呼吸っぽくなってしまったみたいで。

人も多かったので、
すぐ帰ることを優先しました。

体調悪い中、ついてきてくれた母。
ほんとはファミさんと一緒に行きたかったんじゃないかと気にしてたこともその後教えてくれて。

でも母と来れてよかったよー。
「来てよかった?」と聞かれて
「うん!素敵だった。嬉しかった。」とと答えたら
「よかった…!」と、母もとっても嬉しそうにしてくれて。


…いい母を持ったと思いました。
ライブ時間が30分だったことも、母にぴったりだし、
よかったよかった。



MCの時系列も間違っているかもだし
主観も入ってるかもしれませんが…
こんな感じでした!

23日の夜から
ライブをいっつも回想してて。(笑)
いっそ文字に起こしてみようと頑張ってみました。




絶対忘れたくないなぁ、この日。








スポンサーサイト

コブクロフリーライブ@東京




や、やっぱり
ここだろう!ここだろう!
ということで部屋にやってきました。

今日、
コブクロのフリーライブに参加してきました。
このあふれる思いをどうしようと悩んだ結果、
ほんとに久しぶりに、.comにスレを立ててきました。
よかったらみなさん読んでくださいね。




とにかく、
ここに書いておきたかったの。
ファミさんにあえてよかったってこと。
ファミさんいなかったら、
今日のはなかったから、絶対に。

いつも遠い存在のままだった、
絶対にそうだった。



だから…
ほんとにありがとう。
みなさんありがとう。



いつもいつも見守ってくれて
生意気なあたしを受け入れてくれて
ほんとにありがとうございます。



人として生きてく中で、
このブログが重荷になる日もあったし、
コブクロが聴けなくなる日もあった。

でも今日ここまで生きてきてよかったなって思ったし、
コブクロに出逢えてよかったって思った。



初めてライブに参加できた今日を
一生忘れないです。





.comにも感謝だけど、
この場所にも感謝です。






課題の締切が迫っているので、
今日はここいらで終わります。




しあわせです。あたし。



365日



コメントありがとう。
近いうちに返します。
本当に嬉しい、ありがとう



ミスチルの365日って曲、知ってますか(‥)?
とってもいい曲ですよ(´`)☆



サビはね
*365日の、言葉を持たぬラブレター*
桜井さんってなんでこんな言葉が出てくるんだろう
この曲いいですよー(´`)
むねりんも好きだって言ってた!*



好きなフレーズはね

 「一人きりの方が気楽でいいや」
 そんな臆病な言い逃れはもう終わりにしなくちゃ


 聴こえてくる 流れてくる
 君を巡る想いのすべてよ
 どうか君に届け


少し切ないメロディー、
お気に入りになりつつあります!*



でもね
昨日からコブクロ復活して
本当にずーっと「grapefruit」聴いてました。

いやー、いい。
やっぱりいいよ。
うん、あはは(笑)

コブクロが流れてる私の部屋が、1番自然。
今までずっとそうだったもん。
聴きながら、机に座って色々書きながら、
「あぁ、そうだ、こんなふうに時間を過ごしてきたんだ」って思いました

「新しい場所」とか懐かしすぎて、
色んな事思いだしたな…

私は「grapefruit」の後に「ここにしか咲かない花」のシングルを入れてて…
ここにしか…もすっごい久しぶりに聴きましたね。
初めてテレビで`コブクロ´って表記を見つけた感動を思い出しました!*



うん、こんな風に私、コブクロが好きだったんだろな(^^)
でも7か月があったから、こんなにもまた、コブクロの声に惚れてるんだと思う
そう思います(´`)!!




実は木曜色々ありまして、
本当にうがががががってなってたんだけど
コブクロに支えられてるなぁって思っています、!*


…でも学校に行ったらまた直面する
私の想いが伝わったか、怖い
もし、心を圧迫してしまっていたらと思うと、
極端に言うけど、死にたくなる


この3連休はとりあえず考えないでいよう
ちゃんと心の水を潤して、2人の話を聴けるように
ちゃんとした姿勢で聴けるように
怖がらずに、前を向いて、笑顔になれるように


木曜はそれについて色々悩んでいて、
ノリで(笑)後輩に、「ねーどうすればいい?」って言ったら
後輩が「方言を使えばいいんですよ」…何を根拠に?
そして途中からは私が使う九州の方言を取得しようという流れに。

麻友先生の方言講座*

「福岡は簡単です。とりあえず、全部に~~とうってつけてみればいいんです。
 …しとう、(してる)、…見とう、(見てる)、…聴いとう、(聴いてる)、など。
 質問も…と?にすればいい。…しとうと?、(してるの?)、…見とうと?、(見てるの?)など。
 答えるときには、とりあえずなんにでも…ばい!ってつけてみればそれっぽい。
 そうですのっくん。有名な宮崎県知事がやらんといかんばい!って言ってましたね、その通りです!
 なので、…やって表現もよくあります。…やろ?(‥でしょ?)、…やん(…じゃん)、など。
 まぁ、とりあえずしゃべってみましょう!」

まこんな感じにしゃべっていたら
本当に取得しましたね、後輩男子3人。

「これはシンバルと?」「シンバルばい!」
「先輩それしとうと?」「…何が?」(←何もしていません、笑)
「もう帰ると?」

などなど。頑張ってました(´`)v




昨日は野球動きましたね、

セ・リーグは中日優勝。
どりりんさん、ファンでしたよね(^^)おめでとう(^^)
どりりんさんが教えてくれた浅尾投手大活躍だったんですね!*

こちらでいう攝津投手かな?(笑)


ずっと阪神対巨人だったのに、
そこから抜けてきたっていうのはすごいですよね…!
父が中日の監督が好きみたいです。


でも阪神と巨人のどちらが2位になるのかなってとこに注目かな(‥)?
悠に悪いけど、巨人が嫌いなわけではないけど、
阪神の方が好きだから…(笑)


あー、明後日阪神ファンの男子がどうなってることか…
容易に話はかけられない。
絶対話しかけない。話しても野球は振らない!



パリーグは全部終わりました。

ロッテがCS出場です!
でもHawksファンとしてはどこが来たって勝つ所存なので!*


個人タイトル

最多安打、首位打者:西岡君(ロッテ)
…よく知らないんですよね(^^;)

HR王:T-岡田君(オリックス)
この型のフォームって独特ですよね…若いのにすごいですね(´`)

出塁:カブレラ選手(オリックス)
めっちゃ怖いよ…カブレラ君は…もう体格とか、刺青的なものが…(TOT)
でもさすがです、4球が多いからな、

打点:小谷野君(日ハム)
さすが…って感じですね、杉内君キラーですから(^^;)
苦労人らしいですね、兄いわく。
悠いわく、日ハムの中で信頼度はめちゃくちゃ高いらしいです(‥)

盗塁王:本多君(Hawks)、片岡君(西武)。
本多君は今まで最多盗塁は43だったんです。なのに今年59盗塁。本当にすごいと思う!
走ることが自分の仕事だって言ってました(^^)
ずっと行ってたことだから、嬉しいだろうなぁ…(^^)☆
本多君はリードがめちゃ大きい。
それは今年からだったみたい。大きくしたみたいです。
戻るのもすごいからね…すごいなぁ(´`)
片岡君は4年連続らしい。ありえないつ。すごい!

最多勝:和田君(Hawks)、金子君(オリックス)
最後らへんの金子君といったらすごかったですよね!
何連勝?Hawksもやられましたし(汗)
和田君は新人王以来のタイトル。
14勝が最多だったのに、すごい。
和田君は故障もあったのに…そこから復活は投手としてすごいって書かれてた。
うん、やっぱりHawksの先発では和田君が好き!

最高勝率:杉内君(Hawks)
杉内君の時は打線も勝たせようって気持ちがあるのかどうか
本当にすごかったからなー、さすがエース☆

最優秀救援:攝津君、ファルケン君(Hawks)
SBMのSとB(‥)!
攝津君は2年めんのジンクスといわれるものを撥ね退け
2年連続70試合以上登板。
本当にすごい。…SBM48は全員好きですが、攝津君はそのなかでもめちゃくちゃすごいと思う!

最多セーブ:シコースキー君(西武)
あと1つで馬原君も並べたんだけど…(‥;)
でも、やっぱりすごいですね。

防御率:ダル君(日ハム)
1.78!
本当にすごいですよね…
もう何も言うことはありません(笑)

奪三振数:ダル君(日ハム)
うおーい(TOT)222とかすごい…
杉内君218(TOT)
でも200を超えてるだけですごい。
そしてその上を行くダル君がすごい。そんな感じですね(´`)!


でも、個人タイトルなんて
むねりんでいわく、「結果」でしかない。
「過程」が大事なんだって言ってました。
私も個人タイトルを獲るのがすべてじゃないと思っています
実際、最多勝、HR王がいるオリックスは5位。
野球は個人プレーじゃないってことですね。
そういうことをすごい感じます。

それでもそれを目標にして行ったら
チームもいい方向に行くと思うし、いい結果が待ってるんでしょうね
本多君もそうだと思うし(‥)




んー、
書くことないなぁ。



あ、そうだ、昨日兄と話して面白かった1コマ。


伊藤英明さんが出ているCMで今、流れてますよね
「I love you」Byコブクロ。

兄と一緒にいて見て、私が「お、」というと兄が
「え、これ伊藤英明が歌いよると?超うまくね?」


おーい…(´`;)


一緒に聴いたじゃないかーい…(´`;)


で、「いや、コブクロ。」って教えると「あ…そうだよねー」と(笑)


伊藤英明のルックスで
黒田さんみたいに歌われたらやばいなぁ、とか考えてしまった不届きものです。









3月1日に、決めたこと。




3月1日に、皆さんに伝えたこと。
でも、思いだしてたのは2月の27日でした。
昨日日記を確認したら、ちゃんと書かれてました。

「少し、コブクロ休んでみる。」



そう決めて、
葛藤もあったけど、本当にずっと聴かなかった。
1度だけ、歌詞カードをめくり、1曲だけ聴いたこともあったけど、
心が拒否反応を出してしまった。

3月1日、そして今日は10月1日。
3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月。
7か月も、聴いてなかったんですね。
半年ぐらいかなって思ってたら7か月か。
長かったな。


でも
昨日の夜、私の部屋のコンポからはコブクロが流れていました。


勝手、って思うかもしれない
だけど、私、昨日からコブクロを自分の中で解禁しようと思います



きっかけは、黒田さんのインタビューでした。
ひょんなことで見たんですけど、久しぶりに見る黒田さんの姿が
胸に熱く響いたし、本当にまっすぐ音楽をしているんだ、と思いました
バックで流れていたのが「轍」。
そういえば、先輩の引退が辛い時、この曲に救われたな、そんなことを思い返しました

そして昨日の夜
ふと、私はインディーズアルバムの歌詞カードを開きました




聴きたい。



そう思った。
「聴いてみよう。」じゃなかった。
「聴きたい。」
7か月、聴いてみようかな、戻れるかな、と思ったことはあった
好きなのは変わってないのに、って思った

でも
違った


本当に強く、自然に、今までどおりに
「聴きたい」って思ったんです



そしてインディーズアルバム「ANSWER」を聴きました
涙が止まらなかった
やっぱり、お2人は声がきれいだ。そう思った。
お2人の声は今も昔も変わらないのに
変わってしまったのは私なのかもしれない、
勝手に私が休むなんて言って、まるでコブクロのせいみたいに言ってきたのかもしれない、
なにやってたんだろう、そんな思いでした

次に「Root of my mind」のMDをセットしたら
流れてきたのは「願いの詩」でした。
同じMDに2つ入れてるので。
それが、すごくよかった。
これこそ、「願いの詩」のシングルこそ、初めて私の家にやってきたコブクロのCDだったから。
小学3年生のころ、聴いてた。
「いつかは大人という抜け殻になる」という歌詞に
素朴な疑問を持った、「本当?大人って抜け殻なの?」父にその質問をぶつけたな。
返ってきた答えは「どうやろね、お前も大人になるよいつか。」
その頃の私には、「太陽」に比べて「願いの詩」はとっても不思議な唄だった

どうして傷を見せるのがパパだけなの?
心の傷跡って、気づくのにそんなに時間がかかるの?

流れる景色を車の中で見ながら
漠然と想ってた、疑問だったな

そして好き、というか気になってたフレーズは

籠に入れられた鳥は いつか自由を失ってた
ある朝 逃げ出してみたけれど もう飛べなくて…


そして大好きだったワンフレーズは

`冷たい壁には君の絵を´


私の頭の中に
冷たくて殺風景な壁にただ1つ、小さな絵がある情景が浮かんでたのを
本当に覚えてる、めちゃくちゃ覚えてる


色んな疑問も小5,6になってゆっくり解けてきた
とくに心の傷跡に気付くには時間がかかるって、今の私にはすごくわかるし


そして思ったの
想い出には勝てないって


それくらい
私の日々にはコブクロがいつも流れてた
聴くだけであの頃を鮮明に思いだす
そんな曲、そんなアーティスト、もうコブクロしかいないかもしれない


そしてびっくりしたのが
「願いの唄」も「太陽」もカラオケバージョンになって
歌ってみたら、全部歌詞が出てきたこと。
もう、嬉しくて。
私、まだコブファミやれるかも…ってそう思いました





きっと、休んだわけはね
そういう、あの頃こう想ってたな、でも今はこう思うな、っていうのが
どんどん薄れてきたのが、いつの間にか寂しくなってたのもあると思う

勿論、KOKIAさんのことや
カバーアルバムのこと
お2人がどんどん遠くに感じていたのも事実

今も、新しめの曲は聴けません
でも今日はインディーズアルバムと、「grapefruit」を聞こうと思ってます
昔の私に流れていた気持ちを、また思いだしたい
そんな気持ちなのかもしれないです


「grapefruit」がわたしの中での1番のアルバムですから
「新しい場所」の`戦うことだけが人を強くするとは限らない´っていうとこも
めちゃくちゃ疑問に想ってた…
じゃぁ何?って想ってた気がするなぁ。
で、親に聴いたら「そりゃそうよ、戦うことだけじゃないよ」って言われたのも、覚えてる



こんなふうに、想い出がいっぱいあるんです
歌詞カードもなく、ただ車の中で流れてたメロディーと歌詞なのに



私、好きになり過ぎたのかもしれない
そんなふうに、流れる景色を見るように好きでいればよかったのかもしれない
私そういうとこあるかもな
Nにしても、何にしても


でもね
だから皆さんに会えたんだって思ってる
お2人から始まった扉は、私の可能性を広げるとっても大きな世界のスタートでした


だから後悔なんてしてないよ
でも、私に合うスタンス、私があるべき姿のファン、っていう形。
それは、きっと今の私みたいに
ちょっと肩の力抜いて、想い出に浸るような聴き方が好きなんだと思う


そして、お2人の声がただただ好きみたい。
やっぱり、好き。


新しめは、まだ聴けない
だけど、お2人の声にお2人の歌詞に、そして私の想い出に酔いしれて
少し、いい気持ちになろうと思います
色々あって、自分を追い詰めていたから


この7カ月、沢山のことがあった。
でもこうやって、大切なことに気づけた。

それは、私はやっぱりコブクロが好きだってこと。
コブクロがくれた思い出には、勝てないってこと。
私の`好き´の形は、少しユルいってこと。



なんか、しっかりとした答えを言えなくてごめんなさい。
あの日、皆さんが受けとめてくれたから
自由に7か月、コブクロなしで生きる事が出来たと思ってます



この9月、本当に色々ありました
分かりますよね、更新数が少ないもん(笑)
稀に見る一桁(笑)


そんなふうに心が痛んでた時
あの頃の思い出を思い返してくれるお2人の声と歌詞は
とっても素敵な優しいサプリメントでした








コブファミ活動、再開します
でも、新しめはまだ聴けないし、休んでた間のDVDやCDを集めようという気持ちも有りません


休んでた7カ月分、思いっきり今日は「grapefruit」を聞こうと思います





見守ってくれていた皆さんありがとう



でも見守っていてくれたのは皆さんだけじゃなく、父もそうでした


昨日部屋で聴いてたら父が入ってきて
「お、コブクロやんか。聴くことにしたんか?」って言われて
「うん、やっぱり…うまいよね、歌。」って言ったら
父はこう言いました



「そやな、やっぱあれや、轍と一緒。コブクロのとこ行ってしまうんよ。
 やっぱお前はコブクロやな。」



泣きそうになったのは、内緒です。

















小渕さん、黒田さん

また、ファンに戻らせてください


ゆっくり、聴いていきます
「grapefruit」が今、聴きたくてたまらない


沢山の想い出をくれて、ありがとう
これから、想い出に浸ります


想い出は美しいけど、未来じゃない
そう歌う歌手もいて
本当にその通りだと思うけど

今の私には
想い出の中にいる私に、教えてほしいことがたくさんあるんです




思い出に浸らなくても
前を見れるようになったら
お2人の新しめの曲も聴いていきたいな


DVDもちゃんと見たい



それが目標





皆さん


本当にありがとう


思ったより長かった?短かった?


長いなぁって私は思ったけど、
正直短いなとも想う

どっちやねんって感じだけど
もしかしたら一生無理なんじゃないかと思ったこともあったし
来年の誕生日も、あしかちゃんに気を使わせてしまうのかなとも思った


だから、私からしたら早めのスタートです
迎えてくれると、嬉しいです








cover


届きました
コブクロのカバーアルバム

なぜか父も超楽しみにしてて
兄から急に「麻友、コブクロの三日月聴いた?」といわれ
「いや。」と言ったら
「いやぁあれはいいべ、黒田最高!」という会話をしたのですが(笑)

ということで
Disc2のみ途中まで、聴きました
どうしてそんな中途半端か…といわれますとですね
私初めて聴く音楽というのは、何かしながらは無理なんです。
歌詞カードだったり、楽器が書いてあるとこだったり、
その音楽について初聴きの時間は勉強できないから。
それに昨日は部活もあって帰ってきたのが遅く、
and、Hawks戦が長いものだから(爆)
あんまり時間もなくて。

何が入ってるんだろう、と思ってすぐに惹かれたのが
「What a wonderful world」なんですよね
この曲大好き。melodyから歌詞まですべてが好き。
偉大な曲ってその通りだと思う。
そして黒田さんの声。
うん、すごい。…いやぁ、圧巻。
次の「三日月」もアレンジが良かった。
そして「気球に乗って」も良かった。

2人はこんな曲を聞いてきたんだと思った。
2人はこんなにも音楽の技術を上げてきたんだと思った。

コブクロの歌詞じゃない
コブクロの作曲じゃない
だから、私、聴けたんだと思う

`これはコブクロの音楽じゃない´っていうのが
今の私にはすごく魅力的に思えた

勿論、編曲をしたり
2人の音楽になっていると思う、2人の声だし。
でも…
私には楽に聴けた。それがすっごい嬉しかった。


私は純粋には2人の声が好きだったから、
それが聴けることに喜びを覚えました。
本当に本当に本当に嬉しかった。
辛い時、コブクロが聴けたらと思ったりすることもあった
だけどどうしても「辛い時」に+、コブクロに対してのいろんな想いがあふれ出すから無理だった
だから今回、カヴァーは聴けそうです。

でも勉強中は聴けない(初聴きだからね笑、)…
だから暇になる日まで取っておきます。



さてはて。
昨日ははなと語りまくったんですけど…
めっちゃ楽しかったです(^^*)
…はなはね、やっぱり大人だと思う。
はなは私のことを大人って言うんだけども(笑)

『逃げる』ことはだめなことじゃない
『完璧じゃない』って当たり前、それでいい

そんな話。
はなといると安心する~*

悠はね
巨人が1位になってるから多分今頃はハッピーでいっぱいでしょう。
明日会えるかな(部活で)、その時は「へっへっへ」って言われるんだろうな…
んーむ。
セ・リーグも巨人が1位だと面白くないと思ってしまう自分(笑)
だって、ずっとそうじゃん(笑)
まぁ巨人の打線ってすごいんだけど(‥、)笑
阪神、中日、ヤクルトを静かに応援中~。


Hawksも明日には1位になってるといいな!*
和田君だぁ、今日。
和田君大好き、ストイック和田君(^^*)

…それにしても
本多君異常な打率急上昇!(爆)
本当に…どの試合でも「絶好調本多~」って言われてる。
はい、その通りです(笑)
…ん~、すっごい嬉しいけど
むねりんも負けないで!
負けてないけどね?(笑)

本多君、去年と全然違う。
三振も少ないし、盗塁ももう自己最多行ってる。
盗塁王も夢じゃない!
打率も去年と比べると…おぅ゛!みたいな…
すごいなぁ。すごいなぁ!


でもやっぱりむねりんのキャラ大好き!
昨日も勝って皆に手フリフリしてるとき、人一倍目立つ。
そういうの好き♪*
むねりん、プロだと思うんだなぁ
昨日打てなかったあと、もう自分に打順は回ってこないのに、ベンチで素振りしてた!
兄が「見上げた学習姿勢だ、もうベテランなのに」って言ってた(‥*)

むねりん大好きだよ~、本多君との二遊間大好き。1、2番大好き。
まぁ、むねりんへの『好き』と本多君への『好き』はちょーっち違うんだなぁ(笑)




そして!
今感想文を書いているのですが…
思ったより書けて良かった(^^*)

父に表現をほめてもらって
ヤタ━━━━━━ヽ(´∀`*)ノ ━━━━━━!!!!
って感じです(笑)

でも…
毒舌も受け…
母and父からの毒は効きます。
うぎー、ぶぐー、と言ってました(笑)


麻友の文は、くどい。
麻友の文は、同じ言葉が続く。
麻友の文は、癖が強い。


…(TOT)
そうですよ(TOT)
知ってますよ(TOT)
やけどいつの間にか書いとるんやもん(TOT)



でも私が書いた一文も、
無限に変わるんです。
一つの想いを文にしようとするとき、選択肢は無限にあるんです

いろんな言葉でいろんな言い回しで表せる。
多分どこまでも続く迷路ですね、これは。

父はこう言います
「いろんな表現があるけど、一番伝わるのは、やっぱりシンプルな言葉。」
そうやなぁ。
…なら、くどいっていうのは最悪やん(TOT)


でも、結構いい文みたいです、
でも、くどいみたいです(笑)



こっからなんですよね、感想文って。
こっから1つの文をどんな風に変えていくか、シンプルに伝わるように。
私の癖はね、「なんて」とか同じ言葉が多かったりとか「、」を変に付けたりとか。
あと変な日本語が出てきたりね、
ん~頭が痛くなる。



こっからが大変なんだ~、
正念場だ~、
頑張る!






旬の花時計
プロフィール

麻友(20)

Author:麻友(20)
大学も丸2年過ぎて、
あっという間の時間を感じています。

あたしはとても恵まれていて、
本当に恵まれていて、
大事な人が増えていくばかりです。


大事にしたい人が増えるから、
やっぱり社会もよくしたくって、
前に前に進もうと思えています。

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言
積み重なる足跡。
なう。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
*プロ野球順位表*
My Favorite Team is Hawks!!
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。