*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日と明日。









前を向こうと思えた。
毎日を歩いていこうと思えた。


頑張ることって、
すごく大切なんだよね。
頑張ることで、
救われることって、きっとたくさんある。





あ、そう、
昨日、とある人に告白?されたのですが、
びっくりするほどときめかなくて…。

今まで告白されたらほんとにどきどきしてたのに。

なんか、恋がとっても遠くなっている気がします。

わ、これ言ってくれた人にとてつもなく失礼。



ていうか、
前の前くらいの記事に書いてた「彼」はもういなくなったのです。
もうね、ほんとに、思い出すと悲しくなるような思い出。
男の人って嫌だなとか考えてしまったくらい。

でもやっぱり、
この時の彼に好きだってメールが来たときは
ほんとにどきどきして、びっくりして、
「女子として」なのかはわからなかったのに、
いっぱいいろいろ考えてた。
どういう意味なんだろ、ってずっと彼のこと考えてた。

そしたらちゃんと告白してくれて、
迷ったけど前に歩こうと思えた。
長く一緒にいたいって思った。


やっぱり、
付き合おうって決断が出来た彼は、
あたしにとって特別だったんだなってしみじみ。



結果、ただ切なくなっただけ。(笑)






とりあえず、
失った学力をどうにかしないと。
ちゃんと頑張らないと。
やらないかんやらないかんやらないかん。がんばれ。






スポンサーサイト

節目。





パソコン直りました!(∵)
ということで、書きたかったこと、綴っていきます。

あ、ひとつ報告です。
携帯から更新できるってことで、
「Ring」を見て下さい、って言ってましたけど、
アメブロの使いやすさに目覚めました。(笑)
ということで、今「SPIN」を開設しています。

「Ring」はもやもやした気持ちを連ねていく感じ、
どっちかっていうと抽象的な気持ちを書いてて、
「SPIN」は学校生活とか、短いけど結構普段のメールな感じの(笑)ブログです。
なうとかも結構更新してるので、
よかったら見て下さいね(^^)



さて。
節目、と題したこの記事。

書きたかったのは、部活のことです。


3月28日に、定期演奏会がありました。
3学年揃っての大きな舞台。
綺麗なホールで、友達や家族の前で、自分の音を奏でました。
たくさん失敗したし、自分が嫌になったし、
でも、「よかったよ!」って感動してくれたメールが届いて
ほんとに嬉しくなりました。

“音楽”というものへの、心からの尊敬と感謝を抱きました。


その次の日、三送会っていう、
三年生を送る会がありました。

ひとりひとり、三年生へ言葉を述べました。


あたしは名簿的に、1年生の最後でした。

「右も左もわからないあたしを、
 ほんとに優しく、ひとつひとつレベルを上げていくように
 教えてくださいました。
 中学の時の部活は、パートごとでまとまっている感じがしたのに、
 この部活は、違うパートの先輩も沢山声をかけてくれました。
 あたしは、自分の悪いところを見つけて教えてくれる、っていうのは
 注意だし、厳しい言い方の時もあるけれど、
 それは先輩たちの優しさだなって受け取っていて…。
 注意される度に、嬉しいというか、
 あ、あたしほんとに優しくされてるんだなって感じていました。
 でも申し訳ないんですけど、それに応えきれなくて…。
 それがほんとに、ごめんなさい。すみません。
 先輩方からは、技術的な面はもちろん、
 それ以外の、人間としても、先輩たちの背中から教えられました。
 また遊びに来て下さい。待ってます!」

というようなことを、伝えました。
ちょっと途中、泣きそうになったけど、
ちゃんと言えた。良かった。


そのあとの色んな先輩の言葉を聴いて、
ちょっと泣きそうになることもあったけど、
まだ1年ということもあり、
涙があふれる事は無く…。

でも、涙が溢れてしまった時が、ありました。
それはパーカスの先輩の言葉でした。

3年生への言葉、だから
あたしの名前が出るなんて想ってなくて。
なのに2年のある先輩が、出してくれたんです。
その先輩は、ほんとに、大好きな先輩で、
一緒にいると落ち着いて、
すごく優しくて、人としても大好きで、
勉強面でも、技術面でも、憧れな人です。

先輩は…
「麻友ちゃんはひとりだから、
 これから大変なこともあると思うし、
 たくさん、支えていきたいって思います。」

って最後に言ってくれたんです。
泣きますよね!それは泣きますよ!
そのあと先輩に「泣かせちゃったー」って言われました(笑)

そして3年生の先輩。
その先輩は今はひとりですが、
最初はふたりで。
ひとりがやめてしまったんです。
やめようと思ったこともあった、でも今日まで続けてきた。
そしてそれに続けて…

「2年のおかげでまだいようって思えた。
 そして1年の麻友が入ってきたことで前に進めた。」

その言葉で、あたしはもう、気持ちが止まらなくなりました。
何度も何度も、部活の中で、自分の必要性を疑問に思いました。
自分なんていてもいなくても、同じなんじゃないかって。
ほんとにあたしが入ってよかったのか、って。

でも、その先輩の言葉で、
すごく、すごく、心が、ふってあったかくなったんです。


そのあとも先輩にはメールで、
「麻友が入ったことで、パーカスが明るくなった!
 麻友は飲み込み早かったね、
 教えるのに苦労しなかったよ。
 また歩き出そうと決心できたのは、ほんとに麻友のおかげ。
 麻友自身は気付いていないかもしれないけど、
 麻友の何気ない一言が自分にとって
 どれだけ心の支えになっていたかと思うと、
 感謝してもしきれない。」

とか言ってもらえて…。
ほんとに嬉しかった。



自分のこと、
もっとう素直に見つめて、
部活に向かっていきたいって思いました。


もっとうまくならないと、
後輩をひっぱっていけないからね。


頑張ります、あたし。









春合宿。





3月11日~3月13日まで、
2泊3日の春合宿に行ってきました。

行き先は長野県の菅平高原。
スキー実習と、
1年の振り返りが目的の今回の合宿。

疲れましたけど、
いろんな思い出ができました。


くじで決められた泊まる部屋割は、
いつも一緒にいる友達とあたしひとりが離れる形に。
でも、他の場所で一緒にいてくれたし、
いつもは一緒にいない友達とも、
今回同じ部屋で少し仲良くなれた気がします。


スキー班は、
経験者か未経験者で班割されるので、
いつも一緒に居る子と一緒でした。
あと、拓哉くんや横田くんも。

最初はほんとに滑れなくて、
こけまくりました。すってーんすってーん。
1度家族で行ったけど、もう何も覚えてなかった(笑)

インストラクターのA先生は
30歳の男の人で、
なんか犬っぽい感じの人で、
面白くて、楽しいレッスンでした。

A先生に「スピードだしなよ!」と言われて
背中を押されて、そのまま前に倒れる、という…。
先生に笑われて、(笑)
そのあとはスピードにのれましたけどね。

でも天候がよくなくて、
2日目なんてひどい吹雪で、もうー寒くて。
それに視界も悪いし。
もー、はい。ひどかった、うん。

でも最後の日。
ほんとにほんとにほんとに天気がよくて!
青空広がってて。
雪もふわふわで。
初心者はあまり行かないコースに連れていってもらって、
最高の景色を拝めました。
ほんとに綺麗だった。
ほんっとに綺麗だった。

最後の日は
リフトが先生とふたりになることが度々あって。
その時に恋模様について聴かれて。
ほんとに今恋してないんです、って言ったら、
でも告白されたことはあるでしょみたいに言われて、
そこで先生、拓哉くんから告白されたことを見抜いたんです。
これにはびっくり。
何でわかったんですか!って言いまくって。(笑)

先生曰く、
拓哉くんの感じが違ったって。
気まずい感じっていうか、
麻友ちゃんの後ろによくいる感じがね、って。
この仕事長いからわかるんだよって言われました。(笑)

確かに、全く話さなくなり、
目も合わせてくれなくなった拓哉くんは、
あたしと誰かが交錯して、
明らかにあたしを持ち上げてくれた方がすぐに修復するのに、
あたしには手を出すことはなく、
もうひとりの人を持ち上げようとしてて、
その時、あ、ほんとにあたしとはもう関わりたくないんだなって感じて。

先生もそういうとこ見てたのかなー。
やっぱり、こういうレッスンって、
ひとりひとりの性格とかそういうの見ていかないと
教えにくい、っていうか、
いざって時の判断とかに役立つみたいなんです。

で…
先生が話してくれたんですけど。
「もともと仲良かったふたりが、そういうこと絡むと、
 話せなくなったり気まずくなるのは、大人でも同じなんだよね。
 俺の友達でもそういう感じになったしな。
 男はただただ真っ直ぐなんだけど、女の子には伝わらないことがあるんだよな。
 でも麻友ちゃんが自分の責任みたいに感じることはないよ。
 拓哉くん、ほら、ちょっと掴みづらいしな(笑)
 ま、気にしないで、俺もどうこうしようってんじゃないからさ。」

まだ独身の先生なんですけど、
感じるものがちょっとありました。
責任感じなくていいよっていう優しい言葉に、
少し、胸があったかくなりました。

先生ありがとう。
ほんとに、先生に甘えてた気がします…(笑)
斜面登れなくなって、
ストックを持って引っ張ってもらったり、
転んだ時持ち上げてくれたり、
スピードで無い時引っ張ってくれたり、
リフト降りられない時一緒に乗ってくれたり、
色んな話を聞かせてくれたり、
ほんとに、うん、楽しかったです。
すっごい怖いところも、
先生がいると思って、
どうかなったら先生がいるからみたいに考えて滑ってました。

同時に、迷惑かけすぎちゃいかんって気持ちが、
最終的に転ばなくなった理由だと思います。

あ、福岡はほんとにいいところです。
とんこつラーメンは美味しいです。
中州とかそんな行かないでください(笑)

またお会いできる日を、楽しみにしています。(^^)



そして、
HRではクラス全員のスピーチをしました。

ひとりひとりの自分への見方、クラスへの見方。
ひとりひとりの言葉で語るスピーチは
ほんとに胸にきました。

スピーチは、ランダムで、
スピーチした人が次の人をくじを引く、って形だったんですが。
あたし、ほんとに呼ばれなくて。
最終的に残り4人って時に呼ばれて。
だから33番前。36人中33番目。
ありえないです。(笑)




そして、ちゃんと書かなくちゃいけないこと。
3.11のことですね。

スキー実習の前に、学校全員で黙とうを捧げました。



あれから1年。
あたしはいろんなこと、考えました。

衣食住の、かけがえのなさとか、当たり前ではないことを
ほんとに、身にしみて感じました。
感謝しなくてはと、心から思いました。

でも夏頃に、
自分を支えているものは衣食住だけではないと、気付きました。

あたしは吹奏楽をしています。
ピアノを演奏します。

吹奏楽をしていた被災地の人は、楽器に触れているのかな。
ピアノをしていた被災地の人は、ピアノに触れているのかな。

12月頃のニュースで、
ピアノ教室をやっと開けたと話すピアノの先生の映像を見ました。
それまで、そこに通っていた生徒さん、もちろん、先生は
ピアノを弾けてなかった。

大きいな、って思ったんです。
心を支えていたものだったろうから。


その時、
大切にしなくちゃいけないこと、感謝しなくちゃいけないことは、
衣食住だけじゃなく、
趣味と呼ばれるものもだと、気付いたんです。

あたしだったら、吹奏楽、ピアノに、
ちゃんと向き合っていかなければと、本気で思いました。

ひとつひとつをないがしろにしない、
そんな自分になりたいと考えるようになりました。

今の自分は、
ほんとにだめで、
ネガティブすぎて、人を傷つけていると思います。
だから、変えていきたい。



こんなことも、スピーチで話したんですよ。
緊張しました、手とか、ほんとに震えてて。
でも、みんなが静かに聞いてくれて、嬉しかった。

あの震災で、
命を亡くした方、そしてその友人や家族の皆様に、
心からお祈り申し上げます。

そして、これから、
既に起きてしまっているとも言えますが、
重なる人災を防ぐべく、
正しい考えを、正しい情報を、胸に、
人として、未来を作りたいと思います。

これ以上の悲しみは、理不尽なことは要りません。
高校生として出来る事は、
正しい考えを、持つことだと、想っています。






帰りのバスでは、
前半は友達と話し、
後半は熟睡、って感じでした。

友達と話してて、
いつの間にか恋バナになって。

麻友はほんとに素直じゃないからって言われました。
麻友とは女友達でよかったって。
男で、麻友のこと好きになったら、
もっと素直じゃないし、
あんまり気持ちに応えられないと思うから、
女子でほんとによかった、って(笑)。

わかってるんだよ、って言われました。

一緒にいなくたって別にいい、とか
別に寂しくない、とか
全然平気だって、大丈夫だ、って麻友が言っても、
それが強がりで、素直じゃない時だってことくらい、
わかってるんだからね、って。


この言葉には驚きました。
なんか、ちょっと、悔しくて。
なんていうんだろう、
あたしそんなわかりやすいのかなって(笑)


もっと自分わかるようにならないとな、うん。




PERCUSSION!






こんばんわ(∵)
最近更新してる麻友さんです。
みなさんついてきてますかー?(笑)

誰も見てないかなとか思ってたりしてたんですけど、
千夏さん、愛さん、コメントありがとう。
とってもとっても嬉しい。



はてさて、
今日は過去最長の部活でした!
疲れたよー(TT)
朝9時から夜7時まで。
しかもコーチのレッスンがずっとあったので
体力的にも、精神的に、
疲れました。

でも、すごくね、わあ!って感じ。
いっぱい不安だった分、
よかったっ!って感じ。


あたし、
ずっとコーチに会えてなかったんです。
文化祭中に1度いらしてくれた日は
高熱でダウン。
おととい急にいらしてくれた日は
急な腹痛でダウン。

先輩方と違って、
久々のレッスンになってしまったんです。


だから、3日前から緊張してて。
先生はどう思われてるだろう…って。

ほんとに不安で、怖かったの。



だけど、今日。
とても有意義な練習が出来た気がする。
ほんとに、うん。
よかった。


「麻友久しぶりやな、元気にしとったかー?」と言われて
まずは緊張がほぐれてほっとして。

最初は基礎練習。
あたしは手首が固いし、
指を使ってしまう癖があって。
結構前のレッスンで言われて、
自分なりにその日教えてもらった練習法で直して。
その次の日にレッスンがあったんですけど、
「麻友どーした!できるようになっとーやん!あと少し!」って言われて。

その時、
「あ、やっぱりこれは直ってきてるんだな」って実感して。


それから何ヶ月かたった今日のレッスン。
「手首結構やわらかくなったな。うまくなったな。最初と比べて、本当に。」と
言っていただけました(TT)
ま、まだまだなんですけどね。


そのあとも、
もちろん指摘も受けながらも、
小さな所々で、ほめてもらうところがありました(TT)

「合う」瞬間を大切にすることを
また教えられました。
ほんとだなっ!うん。
今日はあたしたちパーカス結構調子良くて、
ぴったり息が合うことが多くて、気持ちよかった。
これを当たり前にしないと!




それからアンサンブルの練習。
いやー…。
もう、はい(笑)

先生、すごいなって思った。
先生が歌ったり、手をたたくだけで、
びっくりするくらい音がかわってく。

たくさん歌うこと、
リズムの取り方。
そして、気持ちが入るのはいいけど、
基本は動くのは手首だということ。
フレーズを考える事。

たくさん勉強になりました。
あたしの代わりに先生がビブラフォンを叩くと
音が全然違って、すごい綺麗。

憧れる。



そしてそして。
今日のいちばんの感動ポイント。

先生がマリンバ、
あたしがビブラフォン、で
アンサンブルする場面があって。

すごかったんです!
やっぱりプロってすごい。
先輩もすごいけど、やっぱりプロってすごい。

プロの伴奏に
メロディーラインを乗せていくって、
初めての体験で。

先生は雰囲気を作ることで
テンポやリズムが多少変わっても、
あたしを引っ張っていく。
その流れに乗っかっていける。

確かなビートがあれば、
アイコンタクトが出来なくとも、
しっかり合う。

あたしがあたしじゃないみたい。
ほんとに弾きやすかった。



ポケットにショパン、っていう
ピアノの漫画があるんですけど、
その中に
「ピアニスト自身がピアノに憧れざるを得なくなる」みたいなセリフがあって。


自分がいい音を出せば出すほど、
その音や音楽や曲の魅力を知っていく。


だから、
自分自身の音に、
自分自身が憧れる。



それが、今日先生のおかげで出来た気がするんです。





音楽は毎日変わる。
一瞬一瞬で変わる。
同じ音楽なんて無い。

だから、
今日ある音楽で、
今日できる音楽を、いちばん素晴らしくしようとしなさい、と。


それって、人生でも一緒。
今日できること。
今日歩けること。
それは明日にはできない。
だから、今日この瞬間を一番素晴らしく。一生懸命。




そのあとバンドでの合奏もあったんですけど、
こちらは、
特に指導はなかったんですけど、
でも、やっぱりね、
先生はね、音楽を楽しんでる。

身体全部で音を表現してて。
みんなをたくさん笑わせて。
口悪いし、
九州男児!って感めちゃくちゃあるけど、
やっぱりね、素敵な先生だとも想うのです。



いや、でも
合奏で最後にやった曲は、
ぼろぼろだったな(TT)
練習しないと(TT)


それにしても、PERCUSSIONっていいな。
ほんとに想った。
先生の話を聴いて。

PERCUSSIONは、特に小物だと、トライアングル、タンバリンなどは、
そんなにリズムに種類はない、と。
一発だけだったり、16分刻みだったり。
でも、同じことでも、曲が違うと、
雰囲気、グルーヴ感が違う。
だから同じことをするのにも、
どういう一発なのか、どういう流れで入って行くのか、っていうところに
難しさと面白さがある。
この前、ずっとポップスをやるコンサートに出たんだけど、
どの曲もずーっとタンバリン16分なんだよ、
同じことやってんなーって思われたと思う、
でも、ちゃんと考えて入ってるし、
ちゃんと違うんだよ。

ほんとにそうだなぁ、って。
あたしPERCUSSIONでよかったな、うん。




はてさて。
ここらへんで終わりにしますか。

もっともっと、頑張って行かないとね。
手首もっとやわらかくしてかないと。
リズムも勉強しないとな。


好きで入った部活。
つらいことも、ちゃんと向き合って。
最後の日に、入ってよかったと、心から言えるように。


頑張っていかないとね(‥)!
ま、また嫌になる日もあるとは想うけど。
今日の気持ち思い出せたらいいな。





明日はTHE MANZAIだ!
博多華丸大吉が、ハマればあると思いますよ~(^^)

でも、
ハマカーンとか、
やっぱりパンクブーブーとか、
そしてあすかちゃん推しの実力派磁石など!
見逃せない!(∵)☆


兄も父も
早く帰ってきて一緒に見る予定。
久々の家族団欒かな。


テレビとかで?って言われるかもしれないけど、
我が家家族全員がそろうことが、
ほんとにほんとに少なくなってきています。

今年は初めて、
年越しも家族全員そろいません。
寂しいなー。
そう、福岡のあたしが住んでいた家も、もう売り家。
(これについてはまた記事書こうかな…。)
結構辛かったんですよ、泣いたし。
兄が両親に怒ってくれなかったら、
最後のお別れもできなかったし。
でも福岡の友達が「家なくても居場所はここだよ」って言ってくれました。


ちょっと脱線しましたけど、
だからね、
久しぶりに兄や父と(母は仕事でちょっと帰りが遅いけど)
テレビを見れることが嬉しいんです。

テレビでも家族団欒には変わりない!
こゆことあると、
お笑いっていいなーって想う。



しあわせ、ちゃんと見つけていこうね。
たくさんあるはずだよ。

虹の足の中に、
今あたしはいるのかも、しれない。




つらいことも、ある。
ほんとに。
でも、しあわせ、見つけていこう。

見つけようとするだけで、
世界は変わる。




うあー。
なんかまだまだ書ける気がする。
あたし書くの、話すの、好きだなー。


いつか書いてた言葉。


*いらない記憶、必要な記憶、
 自分で分けられたらいいのに、って思ったりするけど、
 記憶って自分だけのものじゃない。
 勝手に記憶を分けて、
 相手にとって大きな記憶を消してしまったら、怖い。
 いらない記憶は、きっと誰かと生きてくために必要な記憶。
 だってあたし、ひとりで生きていないもの。

*(高橋優の「牛乳」を聴いて)
 あたしも牛乳、男子にあげてたな、いつも。
 今までの短く、でも長い時間の中で
 色んな人と会話を交わして笑いあったり喧嘩したりしたけど、
 ひとりひとりの未来をあたしは知らないまま、生きてくんだろうな。
 寂しいな、なんてこの曲を聴いて思った。

*話すこと、好き。
 聴くこと、好き。
 話しあうこと、好き。
 聴きあうこと、好き。
 人に生まれてよかった。
 言葉を学べていてよかった。
 声があってよかった。
 生まれてきてよかった。
 健康であれてよかった。
 しあわせって、ほんとにただ、今のあたしなんだって、想う。



長々すみません(TT)




最後の最後に!

みなさんにお勧めの唄紹介(∵)
♪高橋優 「花のように」






わからないこと。




わからないことが胸にある。
いつもいつも詰まってる。


分からないから美しいことも、あるかなって最近思う。



好きな絵画はたくさんあるけれど、
美しいと呼ばれる風景画は、決してはっきりしているわけではない。
はっきりと花がひとつひとつ描かれているわけではない。

分からない美しいこと。
はっきりしていない美しいこと。



そういうものをあたしはいつもこころに抱いているのかなって思う。




もっと遠い目で、
もっと大きなこころで、
もっと、もっと、落ち着いて。



焦りは禁物だから

自分らしく
昔のあたしを許してあげながら


毎日を生きていたいって思う。





急に泣きそうになることも、
いつの間にか笑っていることも、

毎日の些細な、些細なひとつ。




最近思うの、
しあわせ、っていつもそばにあると思っていたけれど

ほんとのしあわせは、
もっと、もっと神聖なものなんだろうって。



そういう瞬間に出逢いたいなって思う。




話しかけてくれる人がいること。
メールをくれる人がいること。
お帰りって待ってくれてる人がいること。

ピアノが弾けること。
勉強が出来ること。
ご飯が食べられること。


感謝のこころがあれば、
いい。いいでしょ?



でもね、
それが大きすぎて、隠れている大切な気持ちが
いつも切なく消えてる気がする。



「いいよ」「大丈夫だよ」って
決して美しくはないのにな。





でもこれがあたしなんだもんな。
辛くったって、しょうがない。
あたしなんだもん。



でも、
もしかしたらそれが
友達や、彼を未来傷つける事になるとしたら






あたしは多分
涙が一生止まらない気がする。







旬の花時計
プロフィール

麻友(20)

Author:麻友(20)
大学も丸2年過ぎて、
あっという間の時間を感じています。

あたしはとても恵まれていて、
本当に恵まれていて、
大事な人が増えていくばかりです。


大事にしたい人が増えるから、
やっぱり社会もよくしたくって、
前に前に進もうと思えています。

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言
積み重なる足跡。
なう。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
*プロ野球順位表*
My Favorite Team is Hawks!!
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。